記事

日本のゲーム市場は米と14倍、欧と10倍差? 「電ファミ」大誤報で執筆者が開き直って大炎上

1/2

日本のゲーム市場規模が、欧米のゲーム市場規模に比べて、著しく低くなっているという「事実」から、欧米のゲーム開発体制を学ぶべしという記事が出ました。

「米欧日の家庭用ゲームソフト市場は14:10:1の比──なぜ日本のゲームメーカーは世界で戦えなくなったのか【西田宗千佳:新連載】」2018年1月15日

http://news.denfaminicogamer.jp/kikakuthetower/180115

が、常日頃日米欧のゲーム市場を追っているゲームフリークから見れば、ここまでの差は無いと即座に気付くレベルの内容です。実際、この市場規模の数値は、欧米はスマホなどを含み、日本はコンシューマ市場のみという明らかな間違いが判明しました。

【記事およびデータ訂正のお詫び】

読者の皆さまへ

 平素は電ファミニコゲーマーのご愛顧、誠にありがとうございます。記事掲載の数値について、お詫びと訂正を申し上げます。

 2018年1月15日に掲載いたしました時点での記事【米欧日の家庭用ゲームソフト市場は14:10:1の比──なぜ日本のゲームメーカーは世界で戦えなくなったのか】におきまして、タイトルにも使用しております米欧日の家庭用ゲームソフト市場の数値に誤りがありました。正しくは16:15:6になります。

数字や図表は、即座に修正されたのですが、この記事自体が「日本市場は、かつての勢いを無くし、欧米にボロ負けしている」というデータを元に組み立てられた記事ですので、全く説得力を失ってしまいました。これだけでも炎上する要素満載なのですが、その前後に渡る執筆者の発言と、開き直った言葉が更なる炎上を呼んでいます。

■どや顔のツイッターで宣言が燃料に

まず記事公開前後のツイッターの内容が、凄い上から目線でした。

Munechika Nishida‏

@mnishi41

昨日公開の電ファミの記事について。まじめに、議論が新しいとか古いとか、どうでもいい、と思っています。読者側の認識をとりあえず整理しないと、という編集部側との話し合いの末にできたのがあの序論。あのグラフを示した段階で役割の8割は終わってて、その先は補足に過ぎません。

20:06 - 2018年1月15日

岩崎啓眞@スマホゲーム屋@snapwith

返信先: @mnishi41さん

ウッギャー、マジでこんな記事書きますか!wwwww

Munechika Nishida@mnishi41

だって、ほかの人が書かないのだもの。まあ、いろいろ見方はあると思いますが、そろそろ「日本はゲーム大国で」みたいなお花畑から出てもらいたいですし。

岩崎啓眞@スマホゲーム屋@snapwith

カケラもゲーム大国とは言えないですね。僕は最近は「日本式ではスマホは海外で勝負できないから止めれ、金があるうちにグローバルで生きられるようにしろ!」と言いまくっていますがw

Munechika Nishida@mnishi41

いやいや、まったくおっしゃる通りで……

グラフだけで8割終わってるとは凄い話です。なによりその肝心のグラフが間違っていたということは、記事の意味がほとんどなくなっているということではないでしょうか。そしてこの間違ったグラフによる記事を見て「ウッギャー」と叫んでるのが、同じく「電ファミ」ライターの岩崎氏であります。一応業界の人間のはずなのに、この酷いミスを見てすぐ気付かなかったが不思議な話ですね。

また、岩崎氏が「こんな記事書きますか」と言い、西田氏が「だって、ほかの人が書かないんだもの」と書いてますが、この認識は大いに間違っています。後ほど指摘しますね。

■本当のグラフから見える真実とは

さて、誤報が伝わった段階の西田氏の反応が、以下のようなものでした。

Munechika Nishida@mnishi41

若干反省する事案が発生。任せたとはいえ、やはりきちんと精査すべきであったか。

Munechika Nishida@mnishi41

データの方向性がまったく違っていたのであれば訂正しますが、そうではなく、比率の数字グラフが正しくなかった、ということです。

方向性は合ってるから訂正しないというのですね。その判断は正しいのかどうか。修正したグラフを参照してみましょう。

[画像をブログで見る]

まず、目に付くのは、日本市場の地盤沈下……ではありません。2008年をピークとした欧米市場の激減です。アメリカ市場なんか、ピーク時の約6割減という途方も無い下落です。プラットフォームとの比較を見ればわかるとおり、ピークの2008年は、WiiとDSの大ヒット。そして市場の衰退はWiiUと3DSの不振と合っています。Wiiの時にはPS3も発売されてますから、「ハイエンドゲーム機の影響もなくはなかったと言える」と思いきや、PS4の発売で欧米の市場は維持すら出来ず、下落しているのです。

つまり当該記事における結論は、以下のようなものではありません。

技術力の有無よりも、技術に対する取り組み方の違いが、数年間の間に大きな差となり、さらに海外と日本の間での嗜好の違いが積み重なって、「日本のゲームが海外では通用しづらい」、「海外で大規模に売れるゲームにならない」状況を生み出したのでは……という結論に至る。

本当の結論は、そんなお花畑な内容ではありません。

コンシューマゲーム市場とは、任天堂のヒットにより支えられ、任天堂の不振による衰退している」という衝撃的事実であり、「欧米AAAソフトが小さいパイを、ネームバリューで食い合いことで、つまるところハイエンドゲーム機と欧米のAAAタイトルは、淘汰の最中にある」という全く逆の結論なのです。

あわせて読みたい

「ゲーム業界」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小島慶子氏の旭日旗批判は筋違い

    和田政宗

  2. 2

    iPhone8~11 今買うべきはどれか

    S-MAX

  3. 3

    中国の無人コンビニが失敗した訳

    文春オンライン

  4. 4

    竹本氏にIT大臣ムリ 投資家断言

    内藤忍

  5. 5

    北の日本製レーダー 韓国に疑念

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍政権下での改憲反対は言い訳

    小林よしのり

  7. 7

    進次郎氏の美辞麗句で小池氏想起

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  8. 8

    日本車が変えたスリランカ象文化

    にしゃんた

  9. 9

    宮城県が安重根記念碑の看板撤去

    和田政宗

  10. 10

    日韓関係悪化は日本のチャンス

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。