記事

米経済とインフレ、控えめから緩やかに拡大 賃金上昇も継続=地区連銀報告

[ワシントン 17日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は17日、地区連銀経済報告(ベージュブック)を公表し、米経済とインフレ率が2017年11月終盤から年末にかけ「控えめから緩やかな(modest-to-moderate)」ペースで拡大したとの認識を示した。

さらに、大半の地区で賃金の上昇が継続したとも指摘した。幅広い業種、職種で賃上げが見られた地区もあった。

インフレ圧力に関する見方はまちまちだが、今後数カ月後にさらに賃金が上昇するとの観測もあった。

FRBは「一部地区では企業が販売価格の引き上げは可能との見方を示した。小売業で控えめながら値上げを報告する地区もあったほか、全米で住宅価格の上昇が見られた」としている。

中でもダラス地区の成長は過去6週間にわたり「力強い」ペースだった。製造業、小売業、金融以外のサービス、エネルギー分野が伸びた。雇用も上向きで、賃金や物価圧力も引き続き高まっている。

FRB内ではインフレのペースの鈍化に懸念がある。金融政策の目標の2%には5年以上も届いていない。

17年は堅調な成長と低い失業率を背景に3度の追加利上げを行い、今年も3度を予想している。

労働市場が最大雇用に近い状況ならば、インフレのペースが目に見えて上がるのを待つよりも利上げをすべきだと考える声はFRB内の大多数を占めるとみられる。

12月の雇用統計では新規就業者数は小売業でマイナスとなるなど予想を下回ったが、賃金は上昇しており、3月に追加利上げが行われる可能性がある。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    「日本の携帯大手と正反対」ネトフリが幽霊会員をわざわざ退会させてしまうワケ

    PRESIDENT Online

    08月03日 16:00

  4. 4

    来るべき自動車産業戦国時代を勝ち抜ける日本がなぜEVなのか?

    ヒロ

    08月03日 11:52

  5. 5

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  6. 6

    2020年に米国人平均寿命は03年以来の低水準、日本は逆に最長のワケ

    My Big Apple NY

    08月03日 22:17

  7. 7

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  8. 8

    森林大国ニッポンが木材不足のナゾ ウッドショックは林業に変革をもたらすか

    中川寛子

    08月03日 08:07

  9. 9

    人権尊重、企業は本気か-DHCの不適切文書に批判

    山口利昭

    08月03日 08:42

  10. 10

    医療崩壊目前で気が動転?コロナ入院は重症者ら重点との政府方針は菅首相の白旗か

    早川忠孝

    08月03日 15:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。