記事

カナダ中銀が追加利上げ、緩和は依然必要とも強調

[オタワ 17日 ロイター] - カナダ銀行(中銀)は17日、政策金利を予想通り1.00%から1.25%に引き上げた。利上げは昨年9月以来で、最近7カ月で3度目となる。労働市場の引き締まりと物価上昇が中銀の想定以上に進んでいることが背景。政策金利は2009年以来の水準となった。

中銀は今後も追加利上げの余地があるとしているが、米国、メキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の行方が「最大のリスク要因」としており、今後の利上げペースに関しては慎重な見方も出た。

ポロズ総裁は会見で「利上げ決定は簡単にはいかず、かなりの論争に発展した。単なる話し合いではなく、賛否両論を巡って突っ込んだ議論を行った。NAFTAが大きな不透明要因だった」と述べた。

中銀は声明で「経済見通しが今後の金利上昇を正当化するとみられる一方、経済成長率を潜在水準近辺にとどめつつ、インフレ目標を達成するためには、一定の金融緩和の継続が必要となるだろう」との認識を示した。

RBCキャピタルマーケッツ(ロンドン)の首席為替ストラテジスト、アダム・コール氏は「カナダ中銀は一段とハト派スタンスに傾いているようだ。とりわけNAFTAを巡る影響を懸念している」と指摘した。

トランプ米政権はNAFTA離脱を示唆しており、再交渉で合意できるかどうかは不透明。中銀はこれにより19年末までに投資が約2%減少すると分析している。さらにトランプ政権の法人税減税により、米国への投資が増え、カナダへの投資はさらに0.5%減るとみている。

中銀は、2018年の国内総生産(GDP)成長率およびインフレ率の見通しを上方修正した。消費や住宅投資が予想以上に好調で、企業投資や輸出は今後の成長に一段と寄与する見込みとした。

また、労働市場の緩みは予想以上に早く吸収されているほか、不動産価格が高騰した大都市のバンクーバー、トロントでは反落が続いているが、他の都市への直接の影響はそれほど見受けられないとした。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ロックダウンせずコロナ封じ込めに「失敗」したスウェーデン 日本人移住者が語る生活のいま

    田近昌也

    10月26日 09:03

  2. 2

    ラーメン店と4℃が元で男を振ってしまう愚かなあなたへ

    いいんちょ

    10月26日 10:04

  3. 3

    にぎわい戻る日本に「油断しないで」 コロナ感染女性が綴る闘病と復帰後の苦しみ - 吉沢さりぃ

    BLOGOS編集部

    10月26日 09:31

  4. 4

    水産庁の職員が「1か月毎日海鮮丼チャレンジ」に挑戦中「飯テロ」とSNS上で反響

    BLOGOS しらべる部

    10月25日 17:26

  5. 5

    好きな人と結婚するだけなのに…日本人が「小室さんバッシング」に熱狂する根本原因

    PRESIDENT Online

    10月26日 11:22

  6. 6

    日本には「訂正する力」が必要だ 哲学者・東浩紀が語る 言論のゆくえ

    村上 隆則

    10月25日 11:00

  7. 7

    小栗旬の『日本沈没』 作品を薄く広く覆っている「軽さ」について

    NEWSポストセブン

    10月25日 14:25

  8. 8

    今の感染者数去年の6月の数字ですよ 今日本は期間限定の集団免疫状態

    中村ゆきつぐ

    10月25日 09:11

  9. 9

    野党支持者の誤爆と2021衆院選の政策論戦が盛り上がらない理由

    やまもといちろう

    10月26日 11:59

  10. 10

    パナソニックは覚悟を見せるか?

    ヒロ

    10月25日 10:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。