記事

世界の広告費予測ーー18年ネットがTV超える!

電通の海外本社「電通イージス.ネットワーク」(本拠地:英国ロンドン市)は、世界59カ国・市場から収集したデータに基づき、世界の広告費成長率予測を取りまとめた。

それによると、世界の広告費成長率は、中央および東ヨーロッパを除く世界各地で成長がやや鈍化したことに伴い、2017年は2016年対比で低下する見込みだが、2018年は世界の広告市場の3分の1を占める北米をはじめ、アジアパシフィックやラテンアメリカでの成長が上向くことから、2017年(予測3.1%)を上回る3.6%の成長となり、総広告費は5895億ドルになると予測している。

この成長率には、主にデジタル広告のさらなる拡大と、「2018年平昌冬季オリンピック.パラリンピック競技大会」「2018 FIFAワールドカップ.ロシア大会」「米国の中間選挙」など大型イベントによる貢献が反映されている。

国別で見ると、2018年の成長率の傾向は一様ではなく、米国(17年予測2.6%→18年予測3.2%)、ドイツ(2.2%→2.6%)、インド(9.6%→12.5%)では大きく伸びる一方、英国(3.2%→2.9%)、ロシア(12.9%→10.4%)、中国(6.0%→5.4%)では減速を予測。日本は、緩やかで安定的な経済成長に伴い、2018年には1.6%(17年予測1.0%)になると見ている。

また、広告費のデジタルシフトは今後も継続すると見ており、世界のデジタル広告費の成長率は2017年の15.0%に引き続き、2018年も12.6%と、2ケタ成長が続くと予測。そのけん引役は、オンライン動画広告やソーシャルメディア広告で、2018年の成長率はそれぞれ24.5%、23.5%となる見通し。なお、モバイルデバイス向けのデジタル広告は、2017年にデスクトップPC向けを追い抜き、2018年には1211億ドルに達する見込み。その結果、2018年には世界の総広告費に占めるデジタル広告費の割合は38.3%となり、初めてテレビ広告費(35.5%)を上回る見込み。

あわせて読みたい

「オンライン広告」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    富田林署員エロサイト閲覧に衝撃

    赤木智弘

  2. 2

    沖縄の民意無視 土砂投入に怒り

    五十嵐仁

  3. 3

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  4. 4

    親世代と大違い 名門私立の凋落

    PRESIDENT Online

  5. 5

    パリ暴動 マクロン氏の冷酷措置

    田中龍作

  6. 6

    HUAWEI排除「通信は安全」幻想に

    S-MAX

  7. 7

    賃金上昇せず 増税で景気後退か

    MONEY VOICE

  8. 8

    富裕層の贈り物はなぜ気が利くか

    内藤忍

  9. 9

    消費税 クレカ還元は金持ち優遇

    舛添要一

  10. 10

    前原氏 バラバラ野党の現状謝罪

    国民民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。