記事

野田首相が「冷温停止」を宣言

12月16日、官邸で会見を開く野田佳彦首相(ニコニコ生放送より)
 野田佳彦首相は12月16日午後6時に首相官邸で会見を開いた。同日開かれた原子力災害対策本部は、福島第一原発事故収束に向けた工程表のうち、「ステップ2」(冷温停止状態の達成)が完了したことを確認。首相から国民に報告することになった。

 この会見で、野田首相は会見で「万一何らかのトラブルが生じても、敷地外の放射線量が十分低く保たれるといった点が、技術的に確認がされた」と、安全性を強くPR。「廃炉に至る最後の最後まで最後まで全力で取り組んで参ります」と訴えた。原発周辺では未だに放射線量が高く、住民の帰還のメドが立っていないが、野田政権としては事故収束に向けて確実に前進していると強調する内容だった。(BLOGOS編集部・安藤)

「戦いが全て終わるわけではない」


野田首相:本日は、原発事故に関する大きな節目を迎えますので、冒頭、国民の皆様にご報告いたします。「福島の再生なくして日本の再生なし」。就任以来、私はこの言葉を何度も口にして参りました。

福島の再生の大前提となりますのは、原発事故の収束であります。3月11日に事故が発生して以来、まずは何よりも原子炉の状態を安定させるべく、国の総力を挙げて対応してきたところであります。

原発の外の被災地域では、未だに事故の影響が強く残されており、本格的な除染、ガレキの処理、避難されている方々のご帰宅など、まだまだ多くの課題が残されているているのは事実であります。

他方、原発それ自体につきましては、専門家による緻密な検証作業を経まして、安定して冷却水が循環し、原子炉の底の部分と格納容器内の温度が100度以下に保たれており、万一何らかのトラブルが生じても、敷地外の放射線量が十分低く保たれるといった点が、技術的に確認がされました。

これを受けて、本日、私が本部長を務める原子力対策本部を開催し、「原子炉が冷温停止状態に達し、発電所の事故そのものは収束に至ったと判断される」との確認を行いました。

これによって事故収束に向けた道筋の「ステップ2」が完了したことをここに宣言いたします。

事故発生以来、福島の皆様はもちろんのこと、全ての国民の皆様、そして世界中の皆様に多大なご心配をおかけし、大変ご迷惑をおかけしました。申し訳ありませんでした。

このたび原子炉の安全状態が達成されたことによって、皆様に不安を与えてきた大きな要因が解消されることになると考えます。ここに至るまでに数限りない皆様の献身的な取り組みがありました。そのことに今、改めて思いを致したいと思います。

放射線被曝の危険に晒されながら、命を削るような思いで事故発生当初に注水作業に携わっていただいた消防・自衛隊・警察の関係者。夏場には熱中症の可能性もあった過酷な現場において昼夜を問わず作業を続けていただいた作業員の皆様、知見や技術を惜しみなく提供して頂いた内外の企業や研究機関の方々。日本を原発事故を救うために行った英雄的な行為の数々に国民を代表をして、改めて感謝申し上げます。

また、原発の敷地内では全国各地から届けられた無数の折鶴や寄せ書き横断幕などが今も飾られています。これらは厳しい局面で、現場での心の大きな支えになったのではないかと思います。 関係者の懸命の取り組みに対して国民各層から寄せられた温かい心遣いにも感謝いたします。

これによりまして「ステップ2」は完了しましたが、原発事故との戦いが全て終わるわけではありません。これから、原子炉は事態の安定を目指す段階から廃炉に至る段階へと移行します。政府としては改めて今後のロードマップを明確にし、発電所の安全維持に万全を期しながら、廃炉に至る最後の最後まで最後まで全力で取り組んで参ります。

海外メディアからは疑問の声


 今回の「冷温停止に達した」とする野田首相の発表に対して、海外メディアからは早くも疑問視する声が続出している。NHKの速報には次のように書かれている。
アメリカの新聞「ニューヨークタイムズ」は電子版で、「専門家は『冷温停止状態』の宣言を強く疑問視している」としたうえで、「年内にステップ2を達成するという公約を果たすための、現実を無視した宣言であり、原子炉の安全性への脅威から目をそらせることがねらいだ」とする専門家の見方を伝えています。

また、アメリカのCNNテレビは、「冷温停止は象徴的な節目ではあるが、放射性物質の除染など事故の完全な収束には10年以上かかる可能性があり、状況が大きく変化するわけではないとの指摘もある。日本政府や東京電力は、何とか国民をなだめようとしているが、国民の間には強い怒りや批判の声が渦巻いている」と伝えています。

政府インターネットテレビ


野田内閣総理大臣記者会見-平成23年12月16日

BLOGOS関連記事


冷温停止宣言の裏に潜む「ずさん工事」の現状
- 福島第一原発に作業員として潜入し、働きながら隠しカメラなどで取材を行っていた、ジャーナリストの鈴木智彦氏の会見模様。
冷温停止状態は大本営発表、そのまま報じるメディアは「人民日報」か「プラウダ」か? - インターネットニュース「NPJ」編集長によるマスコミ批判。
福島の再生なくして日本の再生なし - 首相官邸オフィシャルブログ ※"冷温停止"首相説明を信じる?
読者の皆様のご意見を募集中です。

あわせて読みたい

「冷温停止」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    悪質な収集家に裁判官怒りの一言

    阿曽山大噴火

  2. 2

    立民議員の官僚叩きに批判が殺到

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  5. 5

    岸防衛相の長男 フジ退社で衝撃

    文春オンライン

  6. 6

    歴史消す日本政府と追及せぬ記者

    田中龍作

  7. 7

    初鹿明博氏が議員辞職する意向

    ABEMA TIMES

  8. 8

    国に従わず支援求める朝鮮学校

    赤池 まさあき

  9. 9

    米山元知事が橋下氏の煽動に苦言

    SmartFLASH

  10. 10

    マスク拒否で降機「申し訳ない」

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。