記事

どうなる、今後の小池都政?―3つの負の遺産の処理を終え、巡航モードへ―

1/2

小池都政が誕生し、もうすぐ1年半だ。各種報道は、昨秋の衆院選を境に急に批判的になった。しかし都政の現場に足を運ばず書かれた印象論がほとんどだ。知事の仕事ぶりは、人と組織と予算を使っての業績を評価すべきだ。筆者は、経営学者だが都庁顧問、そして都政改革本部の特別顧問として一連の改革にかかわってきた。実体験と現場での見聞をもとにこれまでを総括し、今後について考えたい。

●豊洲移転と五輪予算の見直しから出発

 2016年夏の知事選。小池氏は3人の有力候補の中で唯一、当時の都庁が既定路線としていた巨額の五輪予算と築地市場の豊洲移転の2つを見直す必要性を明言していた。市場については、なぜ卸売市場に土壌汚染の疑いがある場所が選ばれたのか、なぜ5800億円もの費用が掛かったのか。利権が絡んでいるとの疑惑があった。五輪予算については舛添前知事が最終的に3兆円を超える可能性に言及していた。一方で会場選定の過程や工事計画などの情報公開が足りず、国民の多くが釈然としていなかった。

 就任後、小池知事は早速見直し作業に入る。だがいずれも予算化され、ほぼ着工済み(豊洲市場等は完成済み)の公共事業だった。だから当初はこの挑戦を無謀とみる向きが多かった。わが国行政では着工済みの公共事業の見直しは極めて難しい。八ッ場ダムをはじめ、死屍(しし)累々である。しかもこの2つの問題は深く、複雑に絡み合っているうえに知事の前には3つの大きな壁が立ちはだかっていた。

 第1の壁は「期限」である。豊洲移転後の築地市場の跡地は五輪の車両基地に使われる予定だった。だからどちらも2020年の五輪開催までに工事を終えなければならない。どちらも見直しに割ける時間が限られていた。

 第2に「権限」の壁があった。目の前の行政執行なら知事は絶大な権限を持つ。しかし知事は検事ではないし、職員や外部委員も調査権を持たない。過去に遡って疑惑を解明する手法は限られていた。疑惑解明への都民の期待の大きさと実際に知事ができることの間にはギャップがあった。

 第3には議会の「反発」があった。特に都議会自民党は知事選に由来する反感に加え、今まで当局と決めてきたことを次々と知事に否定されることへの懸念が強かった。

 それでも小池知事は公約に沿って敢然と見直し作業を始めた。作業には専門家と第三者の視点を入れるべく、私をはじめ数名が民間から加わった(都政改革本部の特別顧問、特別参与として)。

●1年半で3つの負の遺産を処理

 その後の経過は各種報道の通りだ。まず、豊洲については知事は早々に移転延期を決めた。その直後に汚染地下水の存在などが発覚し、移転延期の決断は大正解と判明した。さらに過去の知事や職員が立地選定や建設過程で様々な不手際を重ねてきた可能性が明らかになった。また議会によるチェックも不十分だったことがわかってきた。一方で豊洲への移転については、いったん白紙に戻して築地を再整備する計画などが出てきた。そのためすったもんだが続いた。また豊洲の環境対策工事の入札も遅れた。だがそれも目途がつき、ついに昨年末に2018年10月の移転予定が決まった。こうして豊洲移転問題はようやく一段落がついた。

 五輪予算の見直しについては、国際オリンピック委員会(IOC)および大会組織委員会との調整が難渋を極めた。特にすでに決めた会場の移転や設計の変更については内外の競技団体等の反発が極めて強かった。しかし都政改革本部の調査チームは、最悪の場合、開催費用の総額が3兆円超となるリスクを試算、公表した。またわが国の組織委員会に対し、開催の準備状況を広く情報公開することを迫った。さらに都庁は率先して自ら建設する施設の建設費を約400億円削減すると決めた。やがてIOCと組織委員会も開催予算の軽減や調達プロセスの見直しを打ち出し始めた。対立と混乱を経て、ようやくとめどなく予算が膨張し続ける構造にくさびが打ち込まれた。

 以上をまとめると小池知事は、就任4カ月後(16年末)には、公約の一つだった五輪予算問題に決着をつけ、さらにその1年後(17年12月)に2つ目の公約の豊洲移転問題にも決着をつけたことになる。

●都議会改革

都民が小池知事に期待したのは上記2つの問題の見直しにとどまらない。この2つの問題の裏にはこれまでの都議会のチェック能力に対する疑問があった。この問題に対しては、小池知事は新規人材を入れた新会派「都民ファースト」を立ち上げ、2017年7月の都議選に打って出た。圧勝を経て、議会改革の礎ができた。一方で知事は公明党との連携関係も構築していた。この2つをもって都議会も知事の改革に協力する体制ができた(但し昨秋の衆院選後の状況の流動化は各種報道のとおり)。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ロンブー淳「BTSに話聞きたい」

    キャリコネニュース

  2. 2

    服脱ぐ女性ファンも SNSで過激化

    渡邉裕二

  3. 3

    なぜ金持ちはタワマンを嫌うのか

    PRESIDENT Online

  4. 4

    Tシャツ騒動で悪化する日韓問題

    ヒロ

  5. 5

    林修氏 人脈求めるさもしさ指摘

    キャリコネニュース

  6. 6

    音喜多氏 上田都議は対話を拒否

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    電車の迷惑行為 リュックが最悪?

    非国民通信

  8. 8

    企業の学歴フィルターは当たり前

    永江一石

  9. 9

    大半の人は簡単なこともできない

    NEWSポストセブン

  10. 10

    養老孟司氏「終活なんて現代病」

    みんなの介護

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。