記事

小池さんに学ぶ過剰なバッシング回避策

危惧していたとおりの展開になったのが貴乃花親方に対する理事降格処分を決定した後の評議員議会議長の記者会見である。

件の議長は自分の携帯電話の番号を変え、一切のマスコミからの取材を断らざるを得ないような状況に追い込まれてしまったようだ。
何だか世間から逃げ惑っているような印象を与えてしまっているのだから、件の記者会見がご本人の意図と大きく違って完全な失敗だったということだろう。

まあ、ご本人としては別にみんなが見ている前で貴乃花親方の面を叩いた、という感覚はなかったのだろうが、明らかに言葉が強過ぎた。
理事降格の処分理由を説明するという目的のための記者会見の開催自体には何の問題もないが、評議員会の処分理由を説明するのであれば、基本的には評議員会の決定書に記載されている処分理由を読み上げる程度に止め、自分自身の個人的所感は述べないのが基本なのだが、件の議長はついつい喋り過ぎた。

まあ、マスコミに注目されるとついつい舞い上がってしまうのが普通の人たちだろうから、仕方がないと言えば仕方がないのだが、自分の言動が相手にどんな反応を引き起こすか、ということに敏感な人は、それなりにご自分の言動に気を付けられている。

何を言っても社会的影響力がなく、絶対にマスコミの取材を受けることがない私たちと違って、世間の注目を浴びやすいポジションにおられる方々は、くれぐれも注意されることである。

マスコミとの応対についてほぼ完璧な対応をしてこられた小池さんも、ついうっかり不用意な発言をしてしまって、世間の顰蹙を買ったり、支持者の離反を招くようなことがあったのだから、常に完璧なマスコミ対応を普通の人に求めても無理だということは承知しているが、注意してさえいればそれほど大きな災いを招くことはない。

小池さんは、希望の党の代表を降りて、都政に専念する、という表明をされた。
マスコミの小池バッシングはそれでも結構長く続いていたが、どうやら最近は大分落ち着いてきたようである。
少なくとも小池さんはマスコミの取材攻勢から逃げるような羽目には陥っていない。
おそらく携帯電話の番号を変えるようなこともされていないはずである。

やはり、今でも小池さんから学ぶことは沢山ある。

あわせて読みたい

「貴乃花」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  3. 3

    コロナはインフルエンザ程度?インフルエンザで死ぬかと思った24歳の時の話

    かさこ

    08月01日 09:14

  4. 4

    資格と能力は違う?資格や履歴書が充実していても使えない人材多い日本

    ヒロ

    08月01日 11:28

  5. 5

    新型コロナ感染者数が過去最多も 病院のひっ迫状況を強調するだけの尾身茂会長に苦言

    深谷隆司

    08月01日 17:19

  6. 6

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  7. 7

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  8. 8

    五輪の「祝賀モード」は選挙で政権に有利になるのか?減り続ける菅総理のポスターと自民党の焦り

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    08月01日 11:04

  9. 9

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  10. 10

    「日本人の給料はなぜ30年間上がっていないのか」すべての責任は日本銀行にある

    PRESIDENT Online

    08月01日 16:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。