記事

雪の中のセンター試験はやめた方が良い

昨日より大学入試センター試験が行われている。幸い、本学では雪の影響は無いが、連日、大雪が続いていた新潟大学では、センター試験の前から総出で除雪作業。(画像は新潟大学のFacebookより拝借)

画像を見る

当日の朝、公共交通機関のダイヤは大きく乱れて、開始時刻は1時間、繰り下げられた。

毎日新聞web記事:センター試験 大雪で繰り下げ「1時間勉強できる」 新潟

かなり前からいろいろなところで言っているが、日本として、この時期の大学入試関連行事は避けた方が良い。4月に入学する学生の入試が2月末から3月にかけて行われ、その前に全国統一試験を一次試験として行うことになったために、1月半ばの土日がセンター試験の日程となっている。雪が降らなくても極寒の時期であり、インフルエンザの流行など、受験生にとっても、試験を開催する側にとっても、この時期のセンター試験は鬼門。

では、いつなら良いか、ということについて私案を述べると、まず、「高校レベルの知識を有する」スコアとして必要な全国的な試験であれば、大学に負担をかけずに(←ここ大事。民間委託を想定)年に2回(あるいは、TOIEC並に4回くらいでも)くらい行って、生徒は何度か受けて良いスコアを大学に提出できるようにする。高校卒業した後、5月の連休明けに各大学における入試、大学は秋入学原則で、入試が終わったら、ギャップ期間を利用して、海外研修でも、大学で開講されているクォータの講義を前倒しで受講しても可。

大学では学部の入試の他に、大学院入試も何度も行うようになっていて、教職員の負担は増大している。年明けにも拙ブログ記事「仕事始めに思う日本文化と研究力衰退の危機」で主張したように、「何か新しいことを始める」ときには「何を止めるかを考え」てからにした方が良い。高度経済成長期に、我が国はいろいろなことを新しく始め、膨らみすぎた。「洋服を1枚買ったら、1枚(あるいは2枚)捨てる」という「断捨離」のスピリットが、今、日本に必要なのだと思う。

あわせて読みたい

「センター試験」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室さん説明に弁護士として納得

    青山まさゆき

  2. 2

    店は閑散 炎上ティラミスを直撃

    キャリコネニュース

  3. 3

    「ゴミある」森友施工会社が証言

    メディアゴン

  4. 4

    レーダー「音」の新証拠は不十分

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  5. 5

    照射新証拠は韓国への武士の情け

    AbemaTIMES

  6. 6

    女芸人が田原氏に問う朝生の罪

    たかまつなな

  7. 7

    小室さんの説明では納得できない

    AbemaTIMES

  8. 8

    照射問題で自民の国防部会が紛糾

    佐藤正久

  9. 9

    NGTは矢沢永吉に解決方法を学べ

    常見陽平

  10. 10

    韓国謝罪なしに照射問題終えるな

    城内実

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。