記事

認知症患者の自動車事故 刑事的責任は取れません 道理や常識や罰で抑止できません

一時期減少していたように見える認知高齢者の事故がまた目立ち始めています。

数回の事故を起こしていた男性による群馬の事故(始業式の朝 暗転 自転車の女子高生2人はねられ重体 運転の85歳男逮捕 前橋)、そして1歳の子に怪我をさせた91歳の無免許運転、どちらも被害者の親族の感情はいかばかりでしょう。

ただ新聞が取り上げたこの事件、認知機能が低下していた被疑者には自覚することが難しくおそらく刑事的責任は不起訴になるのではないでしょうか。そう今の刑事罰の抑止力では認知症患者の自動車運転事故は抑えることが難しいのです。

認知症患者の運転。道路交通法が改正され検査、医師の診断で認知機能低下者は免許の更新が認められなくなりました。最後の判断を医師に丸投げするなよと警察に文句を言いたいのですが(薬物使用していないことを求める警察の診断書に警察署に電話で文句を言ったことがありますw)、まあお役所ではいつものことで、医師会も認めたのですから仕方ありません。

運転させないように見守るにも、家族の力が弱くなった現代では正直再犯を防ぐ何らかの社会的強制力が必要だと思われます。ただ罪に問えるようにしても認知症患者を留置することはとても難しく、警察がさらなる強制力を今求めていないことは人権問題含めて、それでなくてもうまくいっていない医療刑務所問題なども関わっているのでしょう。

病気を持つ人間の犯罪。米国のように人権を一部制限する必要がある時期になったのではと思います。再度書きますが、認知症患者は事件を起こしたことを理解していません。だから道理や常識や罰で抑止しようとしても無理なのです。犠牲者をこれ以上増やしてはいけません。

あわせて読みたい

「認知症」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。