記事

憲法の包容力とはいい表現だ

「WEBRONZA」の倉持麟太郎氏の論文「憲法の包容力を再び」を全文読んだ。
見事だ。まったく見事だ。
わしがずっと言ってきた「自主防衛」の理念を見事に具体化する方法論を教えてくれている。

安倍改憲のビジョンは、軍隊未満の自衛隊のまま、集団的自衛権でアメリカについて行こうという「属国・日本」である。

護憲派のビジョンも、集団的自衛権が解放された現在の憲法典を一字一句変えず、「属国・日本」に安住しようという堕落でしかない。

どちらも主体的に日本国のビジョンを打ち出せない怠惰な勢力なのだ。

山尾・倉持が構想し、「ゴー宣道場」を媒介に国民が支持する憲法改正は、「立憲主義を貫く改憲」で、憲法の包容力を充実させようというものである。
わしもこの改憲構想を漫画化して、広く国民に知らせなければならない。

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。