記事

国会運営改革の名の下に「安倍総理隠し」か

与党側が言い出している「国会運営改革」とやらは、全くの自己都合。安倍総理をはじめとした政府側の、国会への説明の場面を減らそう、減らそうという、魂胆が見え見えです。

党首討論をやろう、という提案もそれ自体は全く当然ですが、それのかわりに予算委員会での安倍総理の出番を減らそうという考えでしょう。予算委員会はそれはそれとしてしっかりやりながら、党首討論もきちんと行うのがスジです。

今、野党側がバラバラの状態であることにつけ込んで、今なら有利と考え言ってきているという、動機も良いものではありません。

野党側もしっかりしないと。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  2. 2

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  3. 3

    男子高校生に暴行の男は、優先席に寝転んでたばこを吸っていた 父親の怒り

    ABEMA TIMES

    01月25日 09:16

  4. 4

    医療逼迫から社会逼迫 結局柔軟な対応ができない日本という国

    中村ゆきつぐ

    01月25日 09:15

  5. 5

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。