記事

国会運営改革の名の下に「安倍総理隠し」か

与党側が言い出している「国会運営改革」とやらは、全くの自己都合。安倍総理をはじめとした政府側の、国会への説明の場面を減らそう、減らそうという、魂胆が見え見えです。

党首討論をやろう、という提案もそれ自体は全く当然ですが、それのかわりに予算委員会での安倍総理の出番を減らそうという考えでしょう。予算委員会はそれはそれとしてしっかりやりながら、党首討論もきちんと行うのがスジです。

今、野党側がバラバラの状態であることにつけ込んで、今なら有利と考え言ってきているという、動機も良いものではありません。

野党側もしっかりしないと。

あわせて読みたい

「国会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。