記事

街角景気12月は好調な家計動向に一服感、年末商戦まだら模様に

[東京 12日 ロイター] - 内閣府が12日に発表した2017年12月の景気ウオッチャー調査で、景気の現状判断DIは前月比マイナス0.2ポイントの53.9と、5カ月ぶりの低下となった。昨年後半から上昇傾向を続けてきた家計動向に頭打ち感がみられ、クリスマス・年末商戦は好・不調が入り混じった状態となっている。それでも横ばいを示す50の水準は5カ月連続で上回り、街角景気としては高水準が続いている。

家計関連のウォッチャーからは「ホテルの宿泊では高額プラン、レストランでは個室の需要が好調」(近畿・高級レストラン)、「来客数がプラスにシフト。上質な商品を求める傾向が高くなっている」(四国・百貨店)など、客単価上昇を示す声も散見される。厳冬も後押ししている面があり「気温が低い日が続いたことから暖房器具などが良く売れている」(北海道・家電量販店)、「冷え込みによる防寒需要の高まりでコート等に動き」(南関東・百貨店)といった動きも寄与。

ただ12月は特にサービス・外食関連の動きの悪化が足を引っ張った。「来客数が1割ほど減少している上に、客単価も10%程度落ちている」(北関東・レストラン)との声のほか、「クリスマス等各種イベントを実施したが、首都圏ファミリー層の集客が弱く3カ月前よりやや悪くなっている」(甲信越・遊園地)、「寒い日が続いているので入園者が減少」(中国・テーマパーク)など外出を控える動きもみられる。

企業部門は17年中は各月とも50を超える好況が続いた。輸出関連の好調が内需にも波及している。

雇用部門は求人が増えて景況感は一段と上昇しているが、今月はやや低下。「求職者の登録が減少し、マッチングに苦慮」(沖縄・人材派遣会社)している。

2─3カ月先を見る先行き判断DIは52.7で、前月比0.7ポイント低下。2カ月連続の低下となった。

内閣府は、景気ウオッチャー調査の判断の表現を「緩やかに回復している」で据え置いた。

*内容を追加しました。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    自民党総裁選をめぐる様々な立場からのネット番組 極端な内容に苦言

    石破茂

    09月25日 16:07

  2. 2

    レポート2枚? 立憲民主党の「アベノミクス検証」は単なる批判文書

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月25日 09:01

  3. 3

    バブルは必ずはじける 中国不動産業者の破綻にみる危うさ 日本でも不労所得に高額課税を実現しよう

    猪野 亨

    09月25日 12:02

  4. 4

    官僚も経済界も「河野太郎首相だけは勘弁してくれ」と口を揃えるワケ

    PRESIDENT Online

    09月25日 14:37

  5. 5

    韓国で出版された「慰安婦被害者はいない」とする著作

    諌山裕

    09月25日 09:34

  6. 6

    3時間のランチのために6時間かけて出かける理由

    内藤忍

    09月25日 11:26

  7. 7

    「自分だけのキャンプ場を持ちたい」コロナ禍で増える“山”購入 副業ビジネスに活用も

    ABEMA TIMES

    09月25日 15:53

  8. 8

    自民党総裁選の候補者討論 報ステとWBSの仕切りの差異は興味深かった

    NEWSポストセブン

    09月25日 18:24

  9. 9

    今の自民党でキングメーカーになり得るのは、安倍さんでも森さんでもない

    早川忠孝

    09月25日 16:46

  10. 10

    河野太郎氏が言及した原発問題「パンドラの箱」 核燃料サイクル事業が止められない事情

    宇佐美典也

    09月25日 12:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。