記事

米国経済、NAFTAなど協定破棄なら打撃=米国商工会議所会頭

[ワシントン 10日 ロイター] - 米国商工会議所のトム・ドナヒュー会頭は、北米自由貿易協定(NAFTA)を含む貿易協定を米国が破棄した場合、減税や規制撤廃を通じた経済的な恩恵は消え去るだろうと述べた。

同会頭は国内の事業環境に関する年次演説で「NAFTAからの離脱は重大な過ちとなるだろう」と指摘。「米国経済は規制緩和や税制改革により何歩も大きく前進し、政権の功績は大きい。しかし、NAFTAに関する誤った動きはわれわれを5歩後退させることになる」と述べた。

会頭は、トランプ大統領がNAFTA離脱を決めれば、実際に離脱するまでの6カ月の検討期間内に議会が行動を起こす可能性があるとの見解を示した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  5. 5

    日本が何度沖縄を踏みにじったか

    Chikirin

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    ウォール街の期待はバイデン勝利

    WEDGE Infinity

  8. 8

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    自民に必要な中曽根氏の外交感覚

    山内康一

  10. 10

    甘利氏の傲慢対応 菅自民を危惧

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。