記事

インタビュー:著名投資家ペルツ氏、企業トップと協力する姿勢を強調

[ニューヨーク 9日 ロイター] - 著名投資家のネルソン・ペルツ氏(75)は9日、ロイター・ブレーキングビューズのインタビューで、自身は経営に問題がある米国企業の最高経営責任者(CEO)に退任を迫るよりも、CEOと共に経営改善に取り組みたい考えだと強調した。

ペルツ氏率いる米トライアン・ファンド・マネジメントは世界で最も影響力のあるアクティビスト(物言う株主)の1つとされ、ウェンディーズ<WEN.O>やゼネラル・エレクトリック(GE)<GE.N>などの企業に取締役を送り込んでいる。

しばしばCEOに退任を迫ることで知られる他のアクティビストとは異なり、ペルツ氏は経営陣と共に企業の売り上げ増加、コスト削減、利益拡大に取り組みたいと語った。

同氏は「『アクティビスト』という言葉は今では対立、短期的(な投資)ということを意味するようになった」と指摘。「われわれは目先の数四半期の業績にはそれほどこだわらない。なぜならあと28四半期は投資を続ける方針だからだ」と述べた。

トライアンは通常7年間にわたり投資を続け、役員の責任感を高めることを目指しているとした。

今年3月に取締役に就任する米日用品大手プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)<PG.N>については、同社のテイラーCEOと協力していく姿勢を示した。ペルツ氏は同社の取締役会入りを目指し、大規模な委任状争奪戦を展開していた。

ペルツ氏は「われわれは企業に改善に向けた計画を提示する。CEOを追い出したり、誰かに恥をかかせる計画ではない」と語った。

同氏は米国の投資家による取締役の選任方法を批判し、議決権行使助言会社における利害対立や大株主の投票方法を巡り懸念を示した。

またトランプ米大統領による税制改革を称賛し、「私は結果を重視する人間で、大統領がしたことに満足している」と述べた。

このほかアマゾン・ドットコム<AMZN.O>の商品販売価格に対する影響力が大き過ぎるとして懸念を示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

  10. 10

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。