記事

渋谷ネット系ベンチャー地図2018新春

画像を見る

もう10日ですが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。「調べるお」の新年一発目といえば「渋谷地図」です。※今回も「オフィスビルの入居テナントについて調べるお」さんの情報もかなり参考にさせていただきました。いつかお会いしたい...。

【過去の渋谷地図】
2017年1月の渋谷ネット系ベンチャー地図
2016年1月の渋谷ネット系ベンチャー地図
2015年1月の渋谷ネット系ベンチャー地図
2014年1月の渋谷ネット系ベンチャー地図
1999年(ビットバレー)頃の渋谷ネット系ベンチャー地図

ずっと再開発してる渋谷ですが、一部では変化も見られるようになりました。明治通りからキャットストリートに行く道の角に新しくできたのが「渋谷キャスト」。ネット系ではLUXAが入ってるようですが、それよりも昼に行くと入り口付近に様々なランチのワゴン販売がいるので、お昼に困ったら行ってみるといいかも。

宮益坂交差点から並木橋の方に行った明治通りあたりにもうすぐ完成しそうなのが「渋谷ストリーム」です。あの辺は空中デッキになったりするみたいですが、先立って16B出口が開通したので、試しに行ってみると面白いです。個人的には8番出口の動線を何とかして欲しいのですが…。それは置いといて、この渋谷ストリームには来年Googleが六本木ヒルズより移転してくるという話。

駅周辺はまだまだ新たなビルが建設中なので、数年後は景色も様変わりしてるんだろうな。

さて、既存の動きとしては、ちょいちょい移動がありますね。去年の更新時には「他地域に比べると動きは小さい」って書いたけど、この一年は少し動いた印象。ヒカリエからLINEが移転したり、CAMPFIREが道玄坂から反対側に移転したり、コインチェックが渋谷に戻ってきたり。

注目としては、以前このブログでも取り上げた「第一暁ビル」が引き続き熱い。先日エイチームによる買収で話題になったQiitaなど注目度の高いスタートアップが多く入居してます。あとは青学周辺地域。新たなスタートアップ集積地になりそうなGood Morning Buildingは注目です。

僕は相変わらず新大宗ビルのHiveShibuyaにいます。このビルも数多くのスタートアップが入居していますが、それと同時に数件のマッサージ屋さんや雀荘、居酒屋、そして「すっぴんカフェ」や「美熟女クラブ」なども入居しており、まさに「渋谷」って感じ。

あわせて読みたい

「IT企業」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!コンビニのサバイバル戦略

    文春オンライン

    05月12日 08:27

  2. 2

    私がオリンピックを開催するためには、緊急事態宣言を7月上旬まで延長すべきと思う理由

    宇佐美典也

    05月12日 12:00

  3. 3

    【読書感想】禍いの科学 正義が愚行に変わるとき

    fujipon

    05月12日 10:15

  4. 4

    「先の大戦時の戦術と重なり合う」 宝島社が企業広告で投げかけた日本の政策への疑問

    BLOGOS しらべる部

    05月11日 20:24

  5. 5

    コロナおさまらない日本 風邪でも休まないビジネスマンとザルの水際対策

    中村ゆきつぐ

    05月12日 08:30

  6. 6

    東京オリンピック2021を開催するため最低限の案

    西村博之/ひろゆき

    05月11日 20:34

  7. 7

    「原稿が違う」質問と噛み合わない菅首相に野党抗議 #国会騒然 がSNSで話題に

    BLOGOS しらべる部

    05月11日 21:23

  8. 8

    「従軍慰安婦」というフェイク用語をばら撒いた朝日新聞の罪は重い

    PRESIDENT Online

    05月12日 11:30

  9. 9

    看護師や女子高生の盗撮を15年間続けた医師 撮りためた動画は驚愕の3.63テラバイト

    阿曽山大噴火

    05月11日 08:08

  10. 10

    現時点での民間企業テレワーク状況公表に反対。まず官公庁・大臣、そして国会議員の実情を公表すべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    05月12日 08:13

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。