記事

復興国際博覧会構想会議

どこの地域に住んでいる人も、口には出さないでも東日本大震災で被災された方々の厳しい生活を思いやっている。 自分自身は被災地の現場までは行けないが、自分たちが出来ることは出来る範囲でしたいと思っている方々が多いはずである。そういう思いを踏まえて、様々な団体が寄付を募りながら様々な復興支援活動を展開されている。 国もそれぞれの自治体も、さらには民間の企業もNPOもそれぞれに被災地の復興に取り組んでる。 しかし、復興のための様々な活動が個別バラバラに行われ、あるいは行われようとしており、これを一つのコンセプトのもとに統合、統括しようという動きがない。そこで、復興のすべてのプロセスを一つにまとめてみては如何か、ということで立ち上げられたのが、復興博覧会構想である。復興のすべての事業を博覧会に見立てて展示し、誰にでも見えるようにする、というのが一つのコンセプトである。 自然災害は世界のどこにでも起こり得ることだから、復興に関するすべての事業のプロセスを記録し、展示することを「世界博覧会」事業にしては如何か、というのが復興世界博覧会構想である。 被災地に花を植えることや被災地に観光で訪れることも復興事業の重要な事業になる。勿論、被災地の復旧や復興工事そのものも復興事業に入る。被災地の自立のための活動すべてが復興事業になるという、実に壮大でしかも懐の広いコンセプトでこの会議が進められている。 私自身も、被災地支援のための奨学金制度の支援事業や被災小・中学校等への図書支援事業を展開できないかと模索していたところだったので、フェイスブックを通じて招待を受けたこの会議に2度ほど参加してみた。まだ、海のものとも山のものとも言い難いところがあるが、復興支援異分野連携プロジェクトから派生したと言われるこの会議からどんなものが生まれるか楽しみである。ちなみに、この会議のメンバーには各種のイベントの企画にあたっている大手の広告代理店やヤフーなども関係しているようだ。 官に頼る時代は、終わっている。日本の明日を拓くのは民でなければならない、と私は思っている。 まだ本当のところを理解したとは言えないが、この会議には今しばらく参加しようと思っているところである。私でも役に立つところがあるかも知れない。 (ちなみに、この会議のコンセプトとして事務局が配布したアンケート用紙には、次のように書かれている。「CSR、ソーシャル活動、PPPを中心とした復興活動やイベント、復興施設、街づくりそのものが世界にPRする見本市とした世界初の国際博覧会を異分野連携で」)

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在宅勤務で生産性低下した国は日本だけ? 背景に対面コミュニケーション依存の働き方

    非国民通信

    08月02日 15:12

  2. 2

    男性視聴者の眼福になっても女子選手が「肌露出多めのユニフォーム」を支持する理由

    PRESIDENT Online

    08月02日 15:27

  3. 3

    何をやっても批判される「老夫婦とロバ状態」の日本

    内藤忍

    08月02日 11:52

  4. 4

    「幻の開会式プラン」を報じた週刊文春が五輪組織委の"圧力"に負けずに済んだワケ

    PRESIDENT Online

    08月02日 10:36

  5. 5

    この1週間を凌げば、オリンピックが終わります。もうしばらく我慢しましょう

    早川忠孝

    08月02日 14:37

  6. 6

    コロナ軽視派「6月で感染者数減少」予想大ハズレも、重症者数が大事、死亡者数が大事とすり替え

    かさこ

    08月02日 10:29

  7. 7

    中国が支配するディストピア 香港の大量国外脱出「英国だけでも5年で最大83万人超」予測

    木村正人

    08月02日 18:29

  8. 8

    ワクチンの効果が着実に出ている中での一律の行動自粛要請は不適切

    岩屋毅

    08月02日 11:28

  9. 9

    家庭環境の差が自由研究にも…小学校の「夏休みの宿題」に存在価値はあるか

    ABEMA TIMES

    08月02日 09:58

  10. 10

    橋下徹氏 五輪をやると国民の行動制限が効かなくなることを想定していなかったのか

    橋下徹

    08月02日 16:48

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。