記事

1ドル硬貨製造停止の理由

 皆さん、アメリカが1ドル硬貨の製造を停止すると発表したのを知っていますか?

 殆ど海外に行かない私は、そのニュースを聞いて考えてしまいました。1ドルコインを製造しないようになると、人々は困るのではないか、と。

 例えば、我々の生活から100円硬貨がある日消えてしまえば、50円玉2枚で代用するか、或いは10円玉10枚で代用することになるでしょう。ああ、何と面倒くさいことか。

 でも、心配は要らないのです。何故なら、アメリカ人は1ドル札を使うことが殆どであるからだ、と。

 なーるほど。皆さんは、100円札というのが流通していたのをご存知でしょうか?

 板垣退助さんの肖像画の100円札です。まあ、知っているという人は、中高年だと思うのですが‥

 今、仮に100円札と100円硬貨の二つが流通していたとして、我々日本人は、どっちを主に使うでしょうか? 100円札、それとも100円硬貨?

 私は、なんとなく100円硬貨の方が使い勝手がいいような気がするのですが、アメリカ人にとって1ドル硬貨は使い勝手が悪かったのでしょうか?

 なんて思って調べてみると、この1ドル硬貨というのが、直径が26.5mm、重さが8.1gもあるということで、結構大きいのです。日本の100円硬貨は、直径が22.6mで、重さが4.8gしかありませんし、500円硬貨にしても、直径が26.5mmで、重さが7.0gであるといいますから、1ドル硬貨は大変大きくて重たいのです。

 それに‥まだ理由があるのです。というのは、この1ドル硬貨というのが何種類もあるらしく‥
これ、どういうことかと言えば、2007年から毎年、四半期ごとに新しい1ドル硬貨を発行しているらしく、今までに20種類が発行されているのだとか。

 何故なのでしょう? 実は、この1ドルコインには歴代の大統領が描かれていて、今後も次々に発行される予定になっていたからなのです。つまり、これ1ドル硬貨ですよ、と言われても果たして本物かどうか分からないということもあるのでしょう。

 それに1ドル札を使うことが習慣になっていると、余りなじみのない1ドルコインを使うのには抵抗感があるのかもしれません。

 で、そんな訳で1ドルコインは国民には人気がなく、今や大量の1ドルコインが連銀に還流してきているのだというのです。

 NPRのニュースを聞いてみましょう。

INSKEEP: Yesterday, the White House announced it would halt the minting of unwanted $1 coins. As NPR has reported, over 1 billion of the coins are sitting unused in government vaults.

「昨日、ホワイトハウスは、需要のない1ドルコインの鋳造を停止すると発表した。NPRが報じたように、10億ドルを超す1ドルコインが、政府勘定の金庫に保蔵されている」

MONTAGNE: The pile-up is due to a law passed in 2005 that requires the minting of new dollar coins honoring all the U.S. presidents one by one. David Kestenbaum, with our Planet Money team, reports.

「こうして1ドル硬貨が貯まっているのは、2005年に通過した法律のせいですが、その法律は、米国の全ての大統領に敬意を払い、一人ひとりを新しいコインにすることを求めているのです。デービッド・ケステンバウムが報告します」

DAVID KESTENBAUM, BYLINE: When we first reported on this, we calculated that the unwanted coins had cost taxpayers some $300 million to make. There were so many coins piling up, the Federal Reserve was redesigning a vault in Texas to help hold them all. We got to see a vault in Baltimore filled with coins.

「我々がこのことを最初に報告したとき、需要のないコインが3億ドルほどの経費を納税者にかけていると算出しました。本当に多くのコインが貯まっており、連銀は、それらを全て貯蔵しておくためにテキサスの金庫の改造を行ったところです。ボルティモアも金庫はコインでいっぱいでした」

AMY ESCHMAN: This is our coin vault. It's roughly the size of a soccer field.

「これが我々のコインの金庫です。ざっと、サッカー場の大きさです」


 ということで、1ドル硬貨を発行しても、全然人気がなく、発行したコインの約4割は連銀に還流してくる始末で、その結果、コイン保管用の金庫が不足しているのです。このまま1ドル金庫を発行し続けたら、益々場所がなくなってしまう、と。

 ガイトナー財務長官は次のように言っています。

 We're going to save the taxpayers about $50 million a year. That's a meaningful chunk of money.

「我々は、納税者のお金を毎年5千万ドルほど節約することになろう。それは、かなりの金額である」

 この1ドルコインの発行計画は、歴代大統領の名前や功績などを国民に知ってもらう目的があったと言いますが‥ちょっとばかり思慮が足りなかったというべきではないでしょうか?

 だって、我々日本人だって、お札の肖像画の人物がどんなことをしたかなんて、全部知っている
訳ではないのですから。それを、歴代の大統領を全部コインにするなんて‥

 いずれにしても、需要のないものの生産は長く続くことはないことを、今回の出来事は我々に教えているのです。

あわせて読みたい

「アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  4. 4

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  5. 5

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  6. 6

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  7. 7

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  8. 8

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  9. 9

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  10. 10

    気まずい…Uber Eats配達員の悲哀 ピンポンしたら「うちは頼んでませんよ!?」

    キャリコネニュース

    09月19日 11:25

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。