記事

イラク戦争で現地出店したファストフードチェーン10社の店舗写真

1/2
2003年から始まり、昨年夏に集結したイラク戦争、世界中で様々な論議を醸し出しました。戦争がらみの産業と言うとどうしても軍事産業そのものを考えてしまいますが、戦争中の兵士達も当然日々食事をする必要があるわけで、外食産業も多くイラクに出店していたようです。現地で撮影された店舗写真が、妙にリアリティ溢れる写真達だったので思わず紹介してしまいます。– SEO Japan
画像を見る

2003年、アメリカとイギリスの軍隊がイラクに戻ってきた時―自由化のためもしくは侵略のため、あなたが誰の話を聞いているかによるが―、彼らはすぐに故郷のお気に入りのファストフード店の多くが戦場についてきたことを知った。キャンプ・ビクトリー(バグダッド国際航空近くに置かれたメインのアメリカ軍基地に付いた楽観的な名前)とその他軍事施設には、仮に作った壁の内側にお決まりのジャンクフード店のほとんどが作られたのだ。しかしながら、相次ぐ軍の撤退が原因でその直販店の多くが店をたたむことになるというこの夏の発表を受け、ウェストライン上でのイラク戦争は終わりを迎えているように見える。サダム・フセインはドリトスを好んでいた―しかし、イラクに侵入しているこれらの企業を彼はどう思っただろうか?

10. ピザ・ハット


画像を見る

柔らかい円形の生地の上に豊富なトッピングを乗せた創業53年の専門店、ピザ・ハットはイラクでビジネスを始めた最初の大手ファストフードチェーンの1つだった。彼らの最初のフランチャイズは、バルサ近くのイギリス軍基地近くに作られ、軍人から拍手喝さいを浴びた。そのレストランは、クウェートのフランチャイズ所有者によって経営され、売上げの一部(未公表)がチャリティに寄付された。その後、キャンプ・ビクトリー、バグダッドから40マイル離れたバラドにある巨大軍事施設、イラクの首都から100マイル西にある同様に巨大なアル・アサード航空基地での出店など、次々に支店がオープンした。2004年のビジネスブームのニュースの中で、アメリカ国防総省のプレスリリースには、“1日のあらゆる時間を通して、最低でも50人から75人がゴールデン・フライズかピザの味を求めて列に並んでいる”と書かれていた。

9. バーガー・キング


画像を見る

世界で2番目に大きいハンバーガーチェーン(1番はどこか知っているだろう)は、彼らがバスラ近くに出店した時の2003年からイラクにある。Whopperの本拠地は、さらにいくつかの支店を設け続け、軍人達はタリル、ティクリート、カークック、タジ、キャンプ・リバティで思いのままに買うことができるようになった。2005年、イラク国際ゾーンでのオープニング初日には、新しいBKは平均して1時間に80個以上のWhopper、合計で888個のWhopperと357ポンドのポテトを提供した。その量を扱うには手が2本あっても足りなかっただろう。

8. マクドナルド


画像を見る

バグダッドでの“文化的にデリケートな”マクドナルドの開店は、数年前ジョージ・W・ブッシュのイラクへの構想の一部だった可能性が高いが、そんなビジョンの実態は全く知られていない。本場のビックマックとフライドポテトがバグダッドのグリーンゾーンで手に入れられることができる中、イラクのクルディスタン地域のスライマーニーヤにある模倣レストラン、MaDonalが、より有名になってより収益を上げていることが証明された。以前はクルドの抵抗勢力だったSuleiman Qassab が所有するMaDonalは、特に若者に人気のある成功しているレストランだ。Qassabは、イラクでマクドナルドの公式フランチャイズを申し込んだ大勢の中の1人だが、カナダのGlobe and Mailのジャーナリストによると、“イラクのマクドナルドをオープンする申込手続きは始まった途端に中断し、企業弁護士がスライマーニーヤに来ることはなかった”のだと言う。

7. タコベル


画像を見る

タコベルはアメリカで毎年20億人以上の客に利用されており、イラク侵攻以降、そこに配属されたアメリカ軍人にもそのメキシコ風の食べ物を与えて続けている。キャンプ・ビクトリーを含む様々な陸空軍生活販売業務基地に置かれたタコベルもまた、故郷の味を軍人に与えている人気チェーン店なのだ。しかしながら、ファストフード勤務期間が終わりに近づいているというニュースによって、残される人々は他の選択肢を見つけなければならなくなる。

あわせて読みたい

「イラク」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    学術会議の任命拒否 説明は困難

    非国民通信

  3. 3

    ベガルタ選手 交際相手DVで逮捕

    SmartFLASH

  4. 4

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    淡々とデマ正した毎日新聞は貴重

    文春オンライン

  6. 6

    「特攻」冬の発熱対応に医師嘆き

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    高齢者は貯蓄 現金給付改善せよ

    永江一石

  8. 8

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  9. 9

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  10. 10

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。