記事

それでも日本の若者は留学すべし

こっちサイドの話だけが流れてしまうのもまずいと思うので、「パラダイス鎖国」の著者としては一応反論しておきたい。
議論:留学は就職にマイナスか? - BLOGOS(ブロゴス)

留学といってもいろいろ。日本から大挙してアメリカに留学生が来ていた90年代、私が住んでいたニューヨークには、決まった一角に固まって住んで、ほとんど日本語だけで生活しているという留学生がけっこういた。そういう人でも、NYでの経験がその人なりに役立つならば、それはそれでいいけれど、そういう人が減るのはまぁ別にどちらでもよい。

また逆に、どんな環境にあっても自分の道を切り開いていけるほど優秀で、なおかつ留学目的である研究や勉強内容に情熱を持つ人は、今でも、なんと言われようと留学する。日本で就職できなければ海外で就職する、あるいは自分で仕事を作る。

問題は、あと一押しで後者のグループにはいれそうだけど、ちょっと自信がなくて就職が心配と思う人、あるいは本当はポテンシャルがあるけれど留学というオプションに思い至らず縁がない、という人たちだろう。

後者型の人々が国際的に上位の大学に行くことは、英語ができるようになるとか、就職に有利とか、そんな短期的なレベルの話ではない、はるかに長期にわたるメリットが、本人にも国にとってもある。学校とは、そこで何を学ぶかということだけではなく、そこで共通の考え方や文化を身に付けたグループに属するための「リアルなソーシャル・ネットワーク」の入り口でもある。だから、同じ学校の卒業生とは初対面でも親しみを感じ、共通の話題があり、信頼関係を築きやすい。世界からその分野を志す人が集まる学校に属すれば、その分野でのトップグループのネットワークにはいることができる。そのステータスは一生モノであり、歳を取るほどその価値は増していく。

商売でも政治でも文化でも、本当にトップの世界というのは、人と人のつながりで形成されている。野球選手が安年俸でもメジャーを目指すように、ジャズミュージシャンが食いっぱぐれてもニューヨークを目指すように、志のある人はトップグループの人的ネットワークに属したいという自然な欲求がある。そこにいなければ、どんなに説明してもわからない魅力がある。

また、日本という国にとっても、そういうグループに属する日本人がまとまった数存在することは、長期的に見て日本の国益にかなうことでもある。また「坂の上の雲」の話になってしまうが、日露戦争でアメリカに仲介を頼みにいった金子堅太郎は、ハーバードでルーズベルトと同級生だったから選ばれた。こんな人とか、ノーベル賞をとるとか、世界的企業のトップになるとか、それほどの目覚しい活躍をする人はひとにぎりであり、私のように泡沫なんたらで一生を終わる人も多いわけだが、裾野がある程度なければトップは高くならない。

ここで言う「上位の大学」とは、日本的な「偏差値が高い」といった感覚ではなく、それぞれの分野でのトップクラスの学校のことであり、日本のようになんでもかんでも東大ではなく、世界を見渡せばかなりバラけている。

例えば、シリコンバレーではしばらく日本人ビジネスマンが減った後、最近になってまた戻ってきている印象があるが、若いときに起業のセオリーやソフトウェアなどの技術をアメリカ流で学んでいない人は、「共通言語」がないのでどうもずれて見える。社会に出てから、企業の看板を背負ってからでは、この「ずれ」が即、損失につながってしまう。でも、学生のうちならば、たとえいろいろ失敗があっても、取り返す余地が大きい。

日本に国際的トップクラスの人が集まる学校がたくさんあれば、外国語を苦労して学んだりリスクを冒して留学する必要はない。残念ながら、現実はそうなっていない。だから、志の高い若者ならば、世界でトップクラスの学校を目指してほしい。興味があるけれど「あと一押し」のところにいて迷っている人は、ぜひ現在海外留学をしている、志のある人たちの現実の話を聞いて欲しい。今、アメリカの大学院で学位を目指している学生さんたちは、自分も忙しいのに、後輩のためにこんな活動をボランティアでやっている。

JGSAU – 米国大学院学生会 | 現役留学生による直接支援 |

なお、3年前にこんな記事も書いているのでご参考に。余談だが、まだこの頃はシリコンバレーがモバイルでは「田舎感」があった、という自分の記述が感慨深い。たった3年で、今やここはモバイルのメッカになってしまった。ことほどさように、先のことはわからない。留学をあきらめて普通に就職するほうがよいのか、留学して新しい道を開くのがいいのか、先のことはわからない。長期的な視点ももってほしい。ただし、冒頭の記事にあるように、短期的には損という見方もあるし、厳しい世界に挑戦するなら脱落するリスクもあるので、この話は「志の高い日本の若者」だけが対象、と繰り返しておく。

今更、グローバルとは(1) 「平安のイチロー」と「現代の長安」 - Tech Mom from Silicon Valley

あわせて読みたい

「留学と就職」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ダンボール箱2個に現金1億1400万円 匿名の寄付金に感謝

    笹川陽平

    11月30日 09:14

  2. 2

    岸田首相の決心を高く評価します そして日本の今の状況で政府は何をすべきか

    中村ゆきつぐ

    11月30日 09:12

  3. 3

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  4. 4

    前代未聞のスピードでオミクロン株対策を実行 岸田首相が発揮した鋭さ

    早川忠孝

    11月29日 16:06

  5. 5

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  6. 6

    元横綱・白鵬のテレビ解説が大好評 相撲協会は「白鵬の乱」に戦々恐々

    NEWSポストセブン

    11月29日 14:46

  7. 7

    秋篠宮さま、眞子さんの結婚儀式「行うのが適当だった」

    ABEMA TIMES

    11月30日 09:06

  8. 8

    東京都内の衆議院議員が5名増える!次回の衆院選は「10増10減」決定へ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月30日 09:53

  9. 9

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  10. 10

    米国の北京五輪"外交ボイコット"で板挟みの日本 思い出される天安門事件直後の悪夢

    WEDGE Infinity

    11月29日 10:04

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。