記事

iPS細胞を元にした「心筋シート」 心臓病の治療に期待


【画期的な医療技術が確立へ】

 心臓機能が大幅に低下した場合、人工心臓か心臓移植が根本的な治療法となるが、人工心臓はまだリスクが高く、日本の移植ドナーは圧倒的に足りない。

 そんな中で希望となるのが、大阪大学医学部心臓血管外科教授の澤芳樹氏らの研究グループが開発した「心筋シート」である。

 シートの元となるのは、京都大学の山中伸弥教授らが作製したiPS細胞だ。この万能細胞を培養して心筋細胞に成長させた後、薄いシート状にして、心不全患者の心臓に数枚、貼り付ける。研究責任者である澤教授の話。

「心不全が重症化すると、心臓の細胞の多くが死んで心臓機能が衰えます。そこで心筋シートを貼り付けて心臓の細胞そのものを補充すると、移植した細胞が心筋として働くとともに、残っていた心臓の細胞も活性化するとみられています」

 澤教授らはこれまでに、iPS細胞ではなく患者の足の筋肉の細胞を使った厚さ0.1mm、直径5cmほどの心筋シートを用いて、心不全患者数十人を治療してきた。iPS細胞を用いた心筋シートを使えば、より重篤な患者も治療できるようになるという。

「これまで動物実験を重ねてきてある程度の結果が出たので、今年からは実際に患者に移植する臨床研究を始める見込みです。まずは既存の人工心臓などと組み合わせることで、少しでも多くの患者を救えるようにしたい」(同前)

※週刊ポスト2018年1月12・19日号

あわせて読みたい

「iPS細胞」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事にアラビア語答弁を要求

    BLOGOS しらべる部

  2. 2

    ウォン売り継続 地獄の韓国経済

    PRESIDENT Online

  3. 3

    自民重鎮 テレ朝・玉川氏に苦言

    深谷隆司

  4. 4

    「モニタリング小泉」議員が皮肉

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    コロナ自粛で見えた隣人の本性

    松崎りえこ

  6. 6

    いきステ コスパ重視で復活可能?

    内藤忍

  7. 7

    電通委託 安倍一強が政治を劣化

    早川忠孝

  8. 8

    AVからスカウト 嬉しい女性心理

    幻冬舎plus

  9. 9

    「民度違う」麻生氏の発言が物議

    SmartFLASH

  10. 10

    給付金事業 経産省が定款準備か

    木走正水(きばしりまさみず)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。