記事

即席改憲は安倍の方、安倍のバスには同乗しない!

わしのやることに「反対」や「批判」を表明して、承認欲求を得る者は、有名・無名を問わず、後を絶たないが、わしが推す山尾志桜里氏の改憲案を「即席改憲」などと誹謗する者も出てきた。

そういう「批判のための批判」をする者も今後出てくるかもしれないので、釘を刺しておくが、「即席改憲」「年内発議、再来年施行」を目指す安倍改憲の方だろう。

「安倍改憲」こそが「即席改憲」であり、「山尾改憲」はそんなに早く施行までもっていけない。

安倍改憲の「発議」前に、改憲案の骨子を発表して、まず「発議」を止め、国民的議論に持っていかねばならず、そこまでにも、「ゴー宣道場」で毎月、憲法学者を呼んで、アドバイスを受けることになっている。

こっちはとてもじゃないが、安倍改憲のような「即席改憲」など絶対にできない大きな構想なのだ。

「バスに乗り遅れるな」と言って、安倍改憲の流れに乗ってはいけないと、共産党や、立憲民主党の護憲派は主張し、山尾改憲案を嫌っている。

冗談ではない。
現在の憲法で、集団的自衛権の扉が開かれたことで、すでにバスの行先は「侵略戦争行き」になっているし、安倍改憲のバスの行先も、「自衛隊のままで侵略戦争行き」と表示されているようなものだ。
反対!反対!とだけ叫んで、結局そんなバスに同乗させられてしまってたまるか!

こちらのバスは「専守防衛・平和主義行き」である。
とても即席では作れない!
もっと頭良くなって欲しい。
ウーマン村本みたいに、馬鹿のままで安倍バスに同乗してしまう愚を犯していいのか?

あわせて読みたい

「憲法改正」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  2. 2

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  3. 3

    男子高校生に暴行の男は、優先席に寝転んでたばこを吸っていた 父親の怒り

    ABEMA TIMES

    01月25日 09:16

  4. 4

    医療逼迫から社会逼迫 結局柔軟な対応ができない日本という国

    中村ゆきつぐ

    01月25日 09:15

  5. 5

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。