記事

長距離で世界を目指すには「駅伝よりもやるべきことがある」


【元早大のエース・大迫傑はマラソン転向し成功(公式HPより)】

 正月の風物詩とも言える関東大学駅伝No.1決定戦である箱根駅伝。しかし、箱根駅伝で活躍した選手は、大学卒業後に輝きを失ってしまうケースが多く、早々と引退してしまうことも少なくない。

 その背景には、箱根駅伝の注目度の高さがあるという。つまり、箱根駅伝で活躍すると、多くのメディアに取り上げられ、スポンサーからの用具提供やファンからのプレゼントも増える。そういったなかで箱根駅伝がすべてだと考え、そこで燃え尽きてしまうランナーがいるというのだ。

その一方で、少子化で大学経営が圧迫される中、箱根駅伝を生き残りの戦略として活用する大学が増加しているのも箱根のスターが大成できない一因となっている。

「受験シーズン直前に行われる箱根駅伝は大学にとって、大学の名前を売る最大のチャンスです。箱根で活躍して受験生を集める。そのために箱根駅伝を重視した強化策が取られることがあります」(陸上関係者)

 さらにスポーツジャーナリストの酒井政人氏は「箱根駅伝とマラソンには大きな違いがある」と言う。

「20kmの駅伝と40kmのマラソンでは、同じ長距離種目でもまったく違うスポーツといえます。箱根のスターは、大学時代に20kmを走る体づくりをメインにしてしまうので、卒業後マラソンへの移行が難しいのです」

 法政大時代、トレードマークのサングラスからビジュアル系ランナーとして注目を浴びた徳本一善氏(現・駿河台大駅伝部監督)が言う。

「多くの箱根のスターは1万mが適性距離の選手が多い。それでも日本では圧倒的に注目度が高いため、選手はマラソンに挑戦するのです。またファンも“箱根のスター=マラソン”という先入観を持っています。しかし、選手の適性というものがある。すべての箱根駅伝のスターがマラソンの適性があるとは限りません。(“箱根史上最高のランナー”との呼び声高い)渡辺康幸さん(早大出身・現住友電工陸上競技部監督)も、得意種目は1万mだと思います。けがというのもありますが、1万mという種目を突き詰めれば世界で良い成績を残せたと思います」

 渡辺は、早大4年時(1996年)には各校のエースが集まる“花の2区”で、9番手でタスキを受け、8人をぶち抜いてトップに立つなど、いくつもの伝説を残した。卒業後は鳴り物入りでヱスビー食品に入社したが、計7度のアキレス腱の故障の影響で、五輪でのメダルを期待されながらも思うような成績を残せなかった。

 実業団入団後、マラソンを目指しても“駅伝の呪縛”はある。

「長距離選手が陸上で飯を食っていくのに手っ取り早いのが実業団に入ることです。箱根ほどの影響力はありませんが、ニューイヤー駅伝は企業にとって大きな宣伝効果がある。そのため、たとえマラソンが目標でも会社の名前を売るために駅伝を走らなければならなくなる。そんなジレンマがあるんです」(酒井氏)

 以前、渡辺は青学大・原晋監督との対談でこんな問題点を指摘している。

「常々問題だなと感じるのは、大学生ランナーのその後です。(中略)実業団に入った学生が大学と同じかそれ以下の練習しかできなくて、結局世界で通用しないじゃんって燃え尽きてしまう」

 原も同対談で、指導者としての苦しい胸の内を明かしている。

「卒業生を実業団に送り出すときに悩みますよね。育成方針が真逆の監督のところに行ってしまったら選手がかわいそうです」

 そんな日本陸上長距離界の現状を打破するためか、2017年の箱根で優勝した際、原はこんな言葉を残した。

「箱根駅伝の舞台だけではなく、わが“青山学院軍団”から東京五輪を目指せるランナーの育成を考えていきたいと思います」

◆箱根駅伝はゴールではない

 実際、2016年の東京マラソンでは、フルマラソンに挑戦した同大の下田裕太が日本人2位、一色恭志が同3位と健闘している。原の妻で、青学大陸上部の寮母を務める美穂さんが原の思いをこう代弁する。

「監督は、箱根は大きな目標だけど、ゴールではないと選手に意識させています。選手たちに“マラソンに挑戦したい人?”と尋ねて、手をあげた選手にはマラソンの練習もさせています。まずは走りたいという気持ちがある子にはチャンレジさせています」

学生時代から、マラソンを意識させる革新的な指導法で、五輪で活躍できる選手を育成しようとする原。そして、“実業団の負のジレンマ”から抜け出すため、対照的な行動を取ったのが、渡辺の愛弟子で、元早大のエース・大迫傑だ。

 2011年、エースとして早大を大学駅伝3冠に導いた大迫は、日清食品に入社。ニューイヤー駅伝(2015年)でも区間賞を獲得するなどの活躍を見せた。だが同年3月に退社し、プロランナーに転身。アメリカを拠点にトレーニングを始めた。2017年4月、初マラソンとなるボストンマラソンで3位。さらに12月の福岡国際マラソンでは日本人最高の3位となり、13位と低迷した三代目・山の神の神野大地に大きな差をつけた。

「大迫選手がプロに転身し、アメリカに拠点を移したのは、今の日本のシステムや環境ではマラソンで成功することはできないと考えたからでしょう。世界を目指す選手は駅伝で頑張るよりも、他にやるべきことがあると考え始めている。今後、そういう選手が増えていくと思います」(徳本氏)

 一躍、東京五輪マラソン代表の有力候補に躍り出た大迫。

 その一方で「新・山の神」と謳われ、東洋大学を3度の総合優勝に導いた柏原竜二は、卒業後に富士通に就社するも、2017年3月に現役を引退。現在は同社アメフト部のマネジャーとして同部のブログに頻繁に登場し、試合会場でのチームの応援の様子を写真つきでアップするなど、第2の人生を精力的に歩んでいる。

「五輪に出場するには才能と努力が欠かせません。それでも限界に気がつくときがあります。そのときにスパッと競技をやめて、違う人生に進むことも決して逃げではないと思います」(徳本氏)

 箱根で輝いた選手たちの人生は、大学を卒業してからの方が圧倒的に長い。箱根での経験を生かし、その後半生をどう前向きに生きていくか。それを学び、再び人生のゴールを目指していく。

※女性セブン2018年1月18・25日号

あわせて読みたい

「箱根駅伝」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国に大人の対応ができない日本

    AbemaTIMES

  2. 2

    防弾少年団 韓国大統領とも親密

    SmartFLASH

  3. 3

    電車の迷惑行為 リュックが最悪?

    非国民通信

  4. 4

    BTSがナチス演出? 韓国は擁護か

    tenten99

  5. 5

    大半の人は簡単なこともできない

    NEWSポストセブン

  6. 6

    徴用工判決に日本の親韓派も失望

    NEWSポストセブン

  7. 7

    上場情報漏洩 早出し記事許すな

    川北英隆

  8. 8

    メルカリ 新卒6割インド人の理由

    高橋亮平

  9. 9

    日本に危機感 中国の工場に驚愕

    MAG2 NEWS

  10. 10

    徴用工判決 国際法の通説を疑え

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。