記事

小池百合子都知事が放つ言葉の力とその限界

昨晩、シンガポールのニュースチャネルChannel News AsiaのMaverick Politicians(一匹狼の政治家たち)シリーズで小池百合子氏が取り上げられました

番組はナンヤン工科大学のNaoko Kumada氏、ジャパンタイムズ紙のReiji Yoshida氏、テンプル大学のJeffery Kingston教授のコメントと共に、小池百合子氏のインタビューを軸に構成。制作時期が昨年前半と古いことから衆議院選挙の件には触れられていませんでしたが、改めて小池百合子というこれまでにないタイプの政治家を知る意味で、得るものが多い内容でした。

番組前半では、小池氏の日本人2人目というカイロ大学卒業までの経緯や、ニュースキャスター時代にリビアのカダフィ大統領やパレスチナのアラファト議長インタビューに成功したこと、1992年に政治家に転身してから順調なキャリアを歩み、小泉内閣時に環境大臣としてクールビズを成功させ、女性初の防衛大臣となったこと、そして2016年7月に女性初の都知事として圧倒的な勝利を収めたことを紹介していきます。

コメンテーターたちは小池氏の政治手腕を「非常に辛抱強い」「空気を読むのがうまい」「劇場型の政治」などと評しますが、一番私の印象に残ったのは、小池氏本人が「大義ある政策を(国民/都民の)共感をもって進める」そのためには「政治・行政の言葉と一般の人の言葉が違う」という壁を乗り越え、わかりやすい言葉で国民/都民に語りかける必要があるという主張でした。

確かに、番組の中で紹介される選挙運動中の小池氏の演説には聴衆を引き込む力強さがあるのみならず、主張を伝えた後に「皆さんいかがでしょうか?」と観衆に語りかけるテクニックにも、老練な政治家としての技量だけでなく「この人についていけば何とかなるかもしれない」という強いリーダーシップを感じます。

そのいっぽうで非常に残念に感じたのは、ソフトな口調を保って力強く人の心を引き込む話術をもちながら、インタビュー中も政治活動中の映像からも、その表情から小池氏が繰り返し訴える「共感」性が伝わってこなかったことです。

こちらは小池氏が昨年、希望の党を立ち上げたときの記者会見のビデオですが、私は日本にいたため、リアルタイムでラジオで聴いていました。演説に非常に感銘を受け「ぜひ小池さんの党に投票したい」と思ったのをよく覚えています。しかし、このビデオを改めて観てみると、小池氏の言葉と表情のアンバランスさが際立ちます。言葉にこめられている熱意が表情にまったく反映されず、とてもちぐはぐな印象を与えるのです。

小池氏を重用した小泉純一郎元首相の演説ビデオと比べてみるとその差は一目瞭然です。小泉氏は目尻を下げて冗談を言った後には、細い目をいっぱいに見開いて「敵」を攻撃する強い口調になり、手振り身振りを交えて聴衆の心を鷲掴みにします。そして「うなずいてくれましたね」と聴衆の一人に語りかけて共感をさらに強めるのです。

希望の党はこの会見後いったんは大きな支持を得たものの、その後一気に失速して衆議院選挙では惨敗。失速の契機となった「排除」という言葉に象徴されるように、「共感」とはほど遠い何かの匂いを国民が嗅ぎ取ったからではないかと思います。

同じことは、一昨年の米大統領選でトランプ氏に僅差で敗れたヒラリー・クリントン氏にも言えます。

クリントン氏のファーストレディーや国務長官時代からの政治手腕や実績はトランプ氏とは比較にならないほど立派であり、また、貧困層や子どもなど社会的弱者を支援するための活動にも若い頃から真剣に取り組んできた政治家として知られています。しかし「民主党は支持するけど彼女だけは絶対に嫌」という人たちがいるのも事実。その大きな理由の一つに、彼女の表情があるのではないかと思うのです。

小池氏はクリントン氏と同じく、これまでの政治家としての実績をとっても過去の選挙の得票率をとっても、現在も初の女性首相に最も近いポジションにいる方です。

しかし「(政治家として)女性であることが支障になったことはない」語るのとは裏腹に、小池氏にしてもクリントン氏にしても、政治という権謀術策が横行する男性社会の中で「一匹狼」の政治家として生き残るために、自分の心を決してさらけ出さず、言葉を選びながら慎重に自分を律することが必要だったのだと思います。その長年の積み重ねが、現在のような「共感性を感じられない表情」につながってしまったのではないでしょうか。

番組の最後に登場する「リボンの騎士」扮装姿では、小池氏はいつになく満面の笑顔で「子どもの頃『なかよし』で読んでいた」とインタビューに答えます。この笑顔が国民に向けられるときこそ、初の女性総理が誕生する瞬間になるのではないかと思います。

あわせて読みたい

「小池百合子」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  2. 2

    秋篠宮夫妻 公用車傷だらけの訳

    NEWSポストセブン

  3. 3

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  4. 4

    貯金がない…京都市を襲った悲劇

    PRESIDENT Online

  5. 5

    宗男氏 桜疑惑めぐる報道に苦言

    鈴木宗男

  6. 6

    医師 GoTo自粛要請は過剰な対応

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  8. 8

    在宅勤務でも都心に住むべき理由

    PRESIDENT Online

  9. 9

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  10. 10

    脆弱な医療体制に危機感ない政府

    青山まさゆき

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。