記事

評議員会の議長が貴乃花親方の顔を叩くようなことをして大丈夫なのかしら

貴乃花親方の理事降格処分が今日の相撲協会の評議員会で決定したが、手続き的には問題がないし、貴乃花親方自身、分かりました、と答えているのだから、この問題はこの程度で決着させてもいいようなものだが、評議員会の議長がわざわざ記者会見に出てあれこれ貴乃花親方の名誉を棄損しかねないような発言をしていたのが気に掛かった。

世間が注目している問題で、マスコミが飛び付きやすい話題だったので、処分に至った経過や処分の理由についてつい懇切丁寧に説明したくなったのだろうが、裁判官が判決の内容について記者会見で説明することがないように、評議員会の議長も評議員会の決定について詳細に語るようなことは止めておいた方がよかった。

貴乃花親方もその代理人弁護士も評議員会の決定は決定として受け容れてしまうかも知れないが、兵銀会議長が記者会見で語った内容をそのまま受け容れる、というのはちょっと考え難い。

相撲協会の理事解任処分は手続き的には瑕疵がないだろうから争い難いだろうが、評議員会議長の発言は、聞きようによっては貴乃花親方の名誉棄損に当たる虞がありそうだ。

今回の事件については、関係者の皆さんすべてがどこか下手を打っているように思えてならない。

貴乃花親方が理事解任処分に至ることを予想しながら、頑なに沈黙を守り通していたというのなら、それはそれで一つの見識だろうが、それにしては備えが甘過ぎる。
貴乃花親方は日馬富士の引退などは求めていなかった、というマスコミの報道が正しければ、貴乃花親方としても何らかの意思表示をすべきだったのに、どうやら何もしなかったようである。

貴乃花親方は、どうも不器用な方のようである。
どなたか適切にサポートしてあげればいいのになあ、と思っていたが、遂にそういう人が現れなかったようである。

評議員会の議長もちょっと喋り過ぎのところがある。

沈黙は金、雄弁は銀、と言うが、この事件に関しては、沈黙も雄弁も銅というところか。

あわせて読みたい

「貴乃花」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  2. 2

    竹中平蔵氏を叩く情報弱者に呆れ

    城繁幸

  3. 3

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  4. 4

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  5. 5

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  6. 6

    感染増も無策か 小池都政に愕然

    大串博志

  7. 7

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  8. 8

    感染拡大を放置 安倍政権に怒り

    鈴木しんじ

  9. 9

    真実より視聴率重視するマスコミ

    菊地直子

  10. 10

    ソウル市長の遺体発見 自殺説も

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。