記事

お餅による窒息 子供と老人 ただどの食べ物でも起きる不慮の事故

正月も終わりました!欅坂46の過呼吸(若年女性に起こりやすい)などの問題も話題ですが、やはりお餅による窒息について遅ればせながら書きたいと思います。

あの中山先生も書いていましたが、 お餅による窒息有名です。しかし窒息による死亡はお餅だけではありません。以前話題になったこんにゃくゼリーなんかもそうですが、嚥下機能が未発達の子供や低下した老人に起こりやすいもので、その中で特に起こりやすい食材、お餅がクローズアップされるのです。まあこれもお餅、こんにゃくという日本独特のものの特性ではあるのかもしれませんが、どの食べ物でも起きることは知っておくべきです。
食べ方の注意は
>1 人と一緒のときにだけ食べる
>2 小さく切ってから食べる
>3 急がず、ゆっくりとよく噛んでから飲み込む
特に1。本当これでしょう。そして高齢者は歯も弱いから噛みきれないというのも原因にありそうですね。子供に食べさせるようにやらなければいけません。

中山先生はこう書かれています。
>極端かもしれませんが、私は80歳以上の高齢者と、医師から嚥下機能に問題ありと言われている人は、おもちを食べないことをおすすめします
もっと長生きしたければという条件付きでしょうが、私は個人的には自分で天秤かけなさいとしか言えないです。美味しくないものを食べて長生きする人生と、危険かもしれないけど好きなものを食べる人生と。それこそ誤嚥性肺炎を繰り返す人間に口から食べるなと同じレベルの問題でしょう。(ただ子供は別です)

東京でのデータ以外に大阪でも分析されています。窒息の原因の10%がお餅。その25%が正月三が日に発生。要するに食べる機会が多くなれば詰まらせる予備軍が多いということでしょう。ちなみにお餅はJapanese Rice Cakeと訳されBBCでも取り上げられています。

好きなものを食べたいのであれば健康を維持する努力をしましょうという、私の少し矛盾めいた結論です。そして不慮の事故は正直どうしても起きるというのが当たり前のことで、それを防ぐのなら中山先生のお考えのようにお餅を食べる自由を捨てなさいという結論になるでしょう。

あわせて読みたい

「正月」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    再々委託も 電通・パソナに疑惑

    田中龍作

  2. 2

    河井夫妻「Xデー」は6月18日か

    五十嵐仁

  3. 3

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  4. 4

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

  5. 5

    香港民主化の女神「すごく怖い」

    NEWSポストセブン

  6. 6

    抗体簡易検査は「お金をドブに」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    給付金の再々委託 経産省に疑問

    大串博志

  8. 8

    黒人暴行死と特殊なアメリカ社会

    ヒロ

  9. 9

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

  10. 10

    コロナの陰で反ワクチン派が台頭

    木村正人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。