記事

米ホワイトハウス、「核ボタン」巡るトランプ氏の発言擁護

[ワシントン/ソウル 3日 ロイター] - 米ホワイトハウスは3日、核ボタンの大きさに関するトランプ大統領のツイッターへの投稿を擁護し、米国はトランプ大統領ではなく、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の精神状態を懸念すべきだと語った。

金委員長が1日の「新年の辞」で、「核のボタン」が常に机の上に置かれていると警告したことに対して、トランプ氏は2日、自分の核ボタンの方が「彼のものよりも大きく、強力だ。それに私のボタンは作動する」とツイッターに投稿した。

この発言を巡っては、野党民主党を中心に批判が噴出した。

3日のホワイトハウス定例記者会見では、この発言を受けて国民はトランプ氏の精神状態を心配すべきではないかとの質問が出た。

サンダース報道官は「大統領と国民は北朝鮮指導者の精神状態を懸念すべきだ」と述べ、「彼はこれまでにもたびたび脅迫し、ミサイル実験を数年間に何度も行った。大統領は萎縮したり弱腰になることはない。立ちあがって米国民を守るという約束したことを確実に行う」と説明した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  3. 3

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  4. 4

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  5. 5

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  6. 6

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  7. 7

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  10. 10

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。