記事

米ホワイトハウス、「核ボタン」巡るトランプ氏の発言擁護

[ワシントン/ソウル 3日 ロイター] - 米ホワイトハウスは3日、核ボタンの大きさに関するトランプ大統領のツイッターへの投稿を擁護し、米国はトランプ大統領ではなく、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の精神状態を懸念すべきだと語った。

金委員長が1日の「新年の辞」で、「核のボタン」が常に机の上に置かれていると警告したことに対して、トランプ氏は2日、自分の核ボタンの方が「彼のものよりも大きく、強力だ。それに私のボタンは作動する」とツイッターに投稿した。

この発言を巡っては、野党民主党を中心に批判が噴出した。

3日のホワイトハウス定例記者会見では、この発言を受けて国民はトランプ氏の精神状態を心配すべきではないかとの質問が出た。

サンダース報道官は「大統領と国民は北朝鮮指導者の精神状態を懸念すべきだ」と述べ、「彼はこれまでにもたびたび脅迫し、ミサイル実験を数年間に何度も行った。大統領は萎縮したり弱腰になることはない。立ちあがって米国民を守るという約束したことを確実に行う」と説明した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    共産党の式欠席に「ありえない」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  2. 2

    医療崩壊危惧のワケ 医師が解説

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    渋野騒動 日テレのスポーツ軽視

    WEDGE Infinity

  4. 4

    やきそば名物店 コロナで閉店へ

    田野幸伸

  5. 5

    朝日新聞170億円赤字 社長退任へ

    BLOGOS編集部

  6. 6

    追えないだけ?電車内の集団感染

    諌山裕

  7. 7

    いる? 宮崎謙介氏の報道に疑問も

    BLOGOS しらべる部

  8. 8

    竹中氏もMMT認めざるを得ないか

    自由人

  9. 9

    簡単に休業要請 橋下氏「最悪」

    橋下徹

  10. 10

    韓国はなぜ延々謝罪を要求するか

    紙屋高雪

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。