記事

格付け会社によるトリプルAの在庫一掃セール迫る?

 日頃のご愛顧に感謝してか、大手格付け会社による欧州、そして日本での年末年始格下げジャンボセールが開催されそうな予感が漂っている。

 格付け会社のムーディーズは、EUサミットの共同声明には、新たな政策がほとんどないとして、来年初頭に欧州諸国の格付けを見直す方針を確認した。フィッチも、包括的解決策の取りまとめに失敗したとした上で、ユーロ圏諸国の格付けに対する短期的圧力は高まった、との見方を示した。もちろんS&Pは先んじて格下げ準備を整いつつあり、ユーロ圏の15か国の格付けを引き下げ方向で見直すとした結果、格下げの対象となる債券発行体の数が増加したことを明らかにした。このように、いよいよ欧州ではトリプルAの格付けがほぼ一掃されるような可能性すら出てきた。

 そして日本でも格付け会社R&Iが、国内格付け会社として初の日本国債格下げを準備している。格下げ誘致とばかりに民主党議員からは消費増税反対の声も強まり、そのおかげで来年度の基礎年金の国庫負担分をどうするのか、財務省と厚労省がもめている。ただし、どう転んでもその分の財政負担が増すことは確かで、来年度予算案を決定するとされる24日までに、日本の格付け会社による日本国債のトリプルAからの引き下げ準備は整うであろう。

 すでに格下げ慣れした日本では、トリプルAの在庫一掃セール効果はあまりないかもしれないが、ユーロ圏ではそれなりに効果があるかもしれない。なにはともあれ、市場はまだまだ荒れ模様となり、それには格付け会社もまた一役絡んでくることが予想される。

あわせて読みたい

「欧州債務危機」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。