記事

コンビニの「20歳以上ボタン」論争 社会の無機質化の現れか


【「20歳以上」ボタンに勝谷氏が物申す(時事通信フォト)】

 コンビニエンスストアでお酒やたばこを買おうとすると、レジで必ず「私は20歳以上です」の表示にタッチするよう促される。未成年の飲酒・喫煙を防止するために必要な手続きとはわかっていても、これには「煩わしくて仕方ない」という意見が少なくない。

「店員に“こんな禿げ上がって皺だらけの未成年がいるか?”って毒づいてやった」(70歳男性)
「“そんなに若く見える? ありがとね”と嫌味で返した」(62歳男性)

 などという話がそこかしこから聞こえてくる。コラムニストの勝谷誠彦氏(57)も違和感を覚える。

「コンビニで酒を買う機会は多いので、いつも“見りゃ分かるだろ”って思うね。役者の梅沢富美男さんも言っていたんだけど、彼は“この俺を見て本当に未成年と思うのか!”って暴れたって(笑い)。僕は一刻も早く酒を飲みたいから黙ってボタンを押すけど、結局、“ちゃんと確認しました”という店側のアリバイ作りに付き合わされているだけですからね」

 勝谷氏は、不満の背景に「小売現場でのコミュニケーション不足がある」と分析する。

「多くの店員が“こちらお願いします”とロボットのようにボタンを指さすだけ。せめて“すみません、決まりなので……”と言ってくれれば、“そっちも大変だね。仕方ないなァ”って気になるんだろうけどね。客にボタンを押させるというマニュアル化した行為が、互いを慮る人間として当たり前の会話を奪っている。社会が無機質になっていることがハッキリと見える場面だからこそ、我々世代が苛立つのかもしれません」

 たかがボタン、されどボタン。まァ今度は表示が〈すみませんが、20歳以上の方はボタンを押してください〉に変わるだけかもしれないが……。

※週刊ポスト2018年1月1・5日号

あわせて読みたい

「コンビニ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小室さん説明に弁護士として納得

    青山まさゆき

  2. 2

    店は閑散 炎上ティラミスを直撃

    キャリコネニュース

  3. 3

    「ゴミある」森友施工会社が証言

    メディアゴン

  4. 4

    レーダー「音」の新証拠は不十分

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

  5. 5

    照射新証拠は韓国への武士の情け

    AbemaTIMES

  6. 6

    女芸人が田原氏に問う朝生の罪

    たかまつなな

  7. 7

    小室さんの説明では納得できない

    AbemaTIMES

  8. 8

    照射問題で自民の国防部会が紛糾

    佐藤正久

  9. 9

    NGTは矢沢永吉に解決方法を学べ

    常見陽平

  10. 10

    韓国謝罪なしに照射問題終えるな

    城内実

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。