記事

意外と新しい「初詣」の歴史 ― 鉄道が生んだ庶民の娯楽行事と皇室ナショナリズムの結合 - 平山昇

1/2

初詣といえば、言わずと知れた正月の恒例行事である。しかし、意外にも、初詣は明治時代に鉄道と深く関わりながら生まれた比較的新しい慣習である。

新しい慣習「初詣」は川崎大師ではじまった

江戸の人々も正月の社寺参詣はしていたが、現代のように元日(三ヶ日)に集中していたわけではない。彼らは「いつ」「どこに」に関する細かいルールを守ってお詣りしていた。例えば、川崎大師には元日ではなく大師の初縁日である二一日にお詣りするのが一般的だった。

また、元日は年ごとに変わる「恵方」(その年の福徳をつかさどる歳徳神がいるとされた方角)にもとづいておこなう「恵方詣」が主流であった。つまり、「正月だから適当にどこかの社寺へ・・・」という現代の初詣の感覚ではなかったのである。

明治になって最初に初詣が定着したのは、川崎大師である。明治五年、我が国最初の鉄道が新橋―横浜に開業したが、奇しくも川崎大師はその沿線に位置していた。川崎大師の周辺は、現在は市街地化しているが、明治期はとてものどかだった。

そこで「ちよツと汽車にも乗れ、ぶらぶら歩きも出来、のん気にして、至極妙なり」(『東京朝日新聞』1891年1月3日)として、川崎大師に正月休みの行楽を兼ねて、恵方や縁日などといった細かい縁起にこだわらずに参詣する人々が増えていった(当時は汽車に乗ること自体もハレの経験であった)。そして、この新しい慣習が「初詣」と呼ばれるようになったのである。


図版1 「初詣」の初出(『東京日日新聞』1885年1月2日)
「初詣」という言葉が使われたもっとも早い史料と思われる新聞記事。三ヶ日は川崎大師へ「初詣」に行く人が多いので、川崎駅に急行列車が臨時停車すると報じている。


初詣客の膨張をもたらした鉄道の乗客争奪戦

現在、川崎大師、成田山といった有名社寺の三ヶ日の初詣は凄まじい賑わいぶりであるが、これもやはり鉄道によってもたらされた。東京をはじめとする大都市圏では鉄道網の充実とともに路線が並行・近接する鉄道どうし(国鉄VS私鉄または私鉄VS私鉄)で熾烈な乗客争奪戦が生じ、これが初詣客の膨張をもたらしたのである。

なかでも激しかったのが、成田山初詣客をめぐる国鉄と京成の競争である。国鉄は大正期までに上野―成田と両国―成田の二つのルートを有していたが、1926年12月に京成電軌が押上―成田間を全通させたことにより、両者の乗客(=参詣客)争奪戦が勃発した。

国鉄が「例年にない列車の大増発」「〔運賃の〕破格な割引」「〔成田駅前での〕湯茶の接待等のサービス」(『東京朝日新聞』1932年12月31日)とくれば、すかさず京成がさらに安い割引運賃にくわえて「「純金」と「純銀」の不動尊像と開運御守りを乗客に抽選で出」すなど徹底抗戦――。漁夫の利を得た乗客(=参詣客)にとって成田山はますます参詣しやすくなり、1940年には鉄道を利用する成田山初詣客が元日だけで243,000人、1926年の実に約10倍にまでふくれあがったのである。


図版2 京成電車による成田山初詣の新聞広告(『東京日日新聞』1935年1月6日)
京成電車と石鹸メーカーのコラボ広告。京成電車は、運賃割引だけでなく「金・銀不動尊像開運御守呈上 其他洩れなく粗品贈呈」というサービスもうたっている。


実は、この激しい競争は初詣の時間帯も変えた。1927年の大晦日に、国鉄は新しい試みとして大晦日に両国駅を出発する成田臨時列車を運行した。言わばライバルを出し抜くためのフライングである。

するとその1年後、京成はすかさず終夜運転を導入した。国鉄も負けじと1931年の大晦日から成田初詣臨時列車の終夜運転にふみきり、他の私鉄各社も次々と追随した。それまでの初詣は元日の早朝以降が当たり前だったのだが、国鉄と私鉄各社の終夜運転の急速な普及によって、大晦日から元日未明にかけて初詣に赴く「二年参り」がまたたくまに定着したのである。

なお、筆者は大阪の初詣の形成についても調査してみたが、多少の相違点を除けば東京とほぼ過程をたどったことが確認できた。

あわせて読みたい

「正月」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  2. 2

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    AppleMusic停止 異例の抗議行動

    跡部 徹

  4. 4

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  5. 5

    神の業? コロナ直面のイスラム教

    BLOGOS編集部

  6. 6

    都の方針に歌舞伎町経営者が怒り

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナで着目すべき「血液凝固」

    大隅典子

  8. 8

    ユニクロ参入でマスクバブル終焉

    NEWSポストセブン

  9. 9

    暗号資産に麻生節「名称が悪い」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    よしのり氏 まゆゆは本物だった

    小林よしのり

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。