記事

貴乃花を擁護したい

年末までワイドショーが相撲の話題ばっかりやっていて、興味が持てなかった。週刊誌の記事も読んでない。
ただ、貴乃花が相撲は「国体」と言っていたという話をちらっと聞いた。
そこでわしは貴乃花が正しいんだろうなと思うようになった。

「国体」という言葉を使ったら、サヨク方面から戦前回帰だと非難される。
だが、国家のアイデンティティーや国家独自の特徴は間違いなくあるだろう。
日本と韓国と中国とロシアとアメリカでは、やはり国家の特徴が全然違う。

人に個性があるように、国にも独自の個性や国柄があり、これを失くしたら日本国の独自性が失われてしまうというものはある。
それを「国体」と言うのであり、日本では「天皇」がそれに当たり、一神教ではなく、「多神教」であることも、日本の文化を育てる価値観であったはずだ。

相撲はもともと「神事」であり、神々に奉納するものであり、しかも「相撲道」というように「道」が付いている。 

道を究めねばならぬという日本人の美学が相撲にはあるのであり、昔から相撲取りがペラペラしゃべるものではなかったし、横綱は受ける相撲をしてみせねばならなかったし、スポーツではないのだからガッツポーズなんてものはしなかった。
負けた者に手を差し伸べるのが相撲道だったし、ましてや自分が優勝して、自ら観客に「バンザイ」を強いるような厚かましい態度は絶対にとらなかった。

相撲の美学をことごとく崩壊させる白鵬に対して、相撲協会が弱腰であることに、貴乃花は耐えられない気持ちなのではないか?
これほど相撲の美学や「道」を破壊されるのなら、やはりモンゴル人を勧誘しなければよかったのだ。
モンゴル会なんか作って、モンゴル人同士で集まっていれば、星の譲り合いをしかねないと貴乃花は思ったかもしれないし、それは正当な心配だろう。

相撲が「国技」である以上、「伝統」は因習にならぬように残さねばならないし、排外的な部分もあってしかるべきだろう。 

ナショナリズムとグローバリズムの相克のようなもので、相撲を「国体」として守る気概がなければ、そのうちチョンマゲもマワシも世界標準として廃止するべきだとなりかねない。

貴乃花は「国技」であり、「神事」であり、「道」であり、「国体」としての相撲を守ろうとしているのだが、相撲協会や一般国民はそれが分かってないのかもしれない。
貴乃花は利権に挑んで、伝統を守ろうとしているだけではないかと、わしは思っている。

あわせて読みたい

「大相撲」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    組事務所は禁煙 変化するヤクザ

    BLOGOS編集部

  2. 2

    徴用工めぐり文大統領が無能発言

    木走正水(きばしりまさみず)

  3. 3

    紀平梨花 練習のため親が家売却

    NEWSポストセブン

  4. 4

    黒木華を監督が両断「ヘタクソ」

    BLOGOS編集部

  5. 5

    花田優一氏が離婚 元義父は激怒

    女性自身

  6. 6

    現役医師「妊婦加算の何が悪い」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    キオスク消滅? Amazon超小型店舗

    後藤文俊

  8. 8

    橋下氏 大阪府議の報酬0円に意欲

    橋下徹

  9. 9

    「宝くじは賭博ではない」に疑問

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  10. 10

    立民 安倍政権は沖縄の情がない

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。