記事

義母や親戚の「遠慮しないで食べて」攻撃がツラ過ぎる! 「断るのも無理して食べるのもストレス」「苦しくて最後は拷問に」

実家や親戚の家で過ごすことも多い年末年始だが、皆が集まる食事の席で毎回しんどい思いをしている人がいる。

先日のガールズちゃんねるに「しつこい程の『よかったら食べて』はおもてなしと言える?」というトピックを立てた女性は、夫の実家に帰省した際に出される食事について、毎回頭を悩ませているのだとか。

理由は義母からの「食べて食べて」攻撃。義母はトピ主が遠慮していると思い込んでいるようで、「せっかくなんだから食べなさいよ、ほら!」と、お皿に勝手によそってくるのだという。

勧めてくるのは善意だと知りながらも、あまりにしつこいとしんどくなってしまう。「断るのも無理して食べるのも、どちらにしてもとてもストレス」だと主張するトピ主はこう問いかける。(文:みゆくらけん)

「家でお客さんに料理を出すときに、何度も『食べてください』と強要するのは相手に迷惑だと思うのは、私だけでしょうか?」

悪意なくても「あまりしつこく勧めるのはおもてなしではなく無理強い」

おもてなしや愛情の表れってわかってるから、なおさら辛い
おもてなしや愛情の表れってわかってるから、なおさら辛い

このトピックに集まったのはトピ主への共感の声。「うちの義母がまさにそれ!まともに食べてたら吐きそうになる」という声を筆頭に、

「田舎だと勧め方えげつないよ。そんなに食えるか!ってくらいご飯よそうし食べな食べなってガンガンくる」
「皆苦しくなって最後は拷問(笑)」
「『全部食べるまでおウチにかえれまテン』って、昔のタカアンドトシの番組を脳内で再生しながら、なんとか乗り越えてます」

など、多くの人が無理しながらフードファイター化してしまっているようだ。これでは帰省の度に気が重くなるのも仕方がない。

「遠慮じゃなく本当にもう食べられないのに、しかもそういってるのに、なんでわからないんだろうか」

とあるように、特に悩ましいのが「本気で腹パンパンなのにわかってくれない」というところだ。「遠慮しないで」「まだデザートもあるわよ」「若いんだから食べれるでしょ」的圧力が凄くて、「もう本当にお腹いっぱいで入りません」と伝えているのに全く伝わらないとなると、苦しさも倍増だ。

相手に悪意などないが、「あまりしつこく勧めるのはおもてなしではなく無理強い」「ありがた迷惑」「親切の押し売りにしか感じられない」などという声が殺到している。

ピンチを打破するには夫の「鶴の一声」が必要

「食べて食べて」攻撃を上手くスルーするスキルもなく、正直にノーサンキューを伝えても相手が聞く耳を持たない場合、どう乗り越えるべきか。それには、夫の協力が不可欠である。ある人は「食べて食べて」攻撃に困っていたところ、夫が義母たちに向かって

「食べたかったら勝手に食べるからほっといてやんな(笑)断りにくいしょ!」

と言ってくれたことで、それ以降しつこく勧められなくなったという。他にも「しつこく勧めてきたときは夫が制止してくれる」「『自分のペースがあるもんねえ』って声をかけてくれる人がいるとすごく嬉しくなる」というコメントもあった。ここはひとつ夫に頑張ってもらいたいところだ。

ただ、人が集まる食事の席は超ビックイベント。重い買い物をし、時間をかけて作ったごちそうを、おいしいおいしいと食べてもらうのは至極の喜びで、「皆を喜ばせたい」「楽しい時間を提供したい」という気持ちからくる行動だということは心に留めておきたい。そこを考慮した上で上手な「かわし」が出来れば一番良いのだが……これがなかなか難しい。

あわせて読みたい

「正月」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  3. 3

    児童レイプめぐる米国のダブスタ

    Rolling Stone Japan

  4. 4

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  5. 5

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    新型コロナで勝ち組になった企業

    ヒロ

  7. 7

    次期首相の資質に「もらい泣き」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    コロナ楽観予測報道はミスリード

    勝川 俊雄

  9. 9

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  10. 10

    元防衛相「敵基地叩く能力必要」

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。