記事

ディズニー、フォックス事業買収でネットフリックスと対決へ

1/2

Richard Drew / AP Photo

 ディズニーは、映画・テレビ事業を含むフォックス社事業の大半を524億ドルで買収しようとしている。ミッキーマウスを擁する同社はエンターテインメント業界でテック系企業に対抗していくことになる。

 マードック家が保有する21世紀フォックスの事業を株式取引のみで買収することにより、ディズニーは映画「アバター」やテレビ番組「シンプソンズ」、「モダン・ファミリー」を制作するスタジオを手に入れる。マードック氏は新たな会社を立ち上げ、フォックス・ニュースチャンネル、フォックス・ビジネスネットワーク、フォックス・ブロードキャスティングなど全米のテレビネットワークを維持する。「シンプソンズ」も引き続きマードック氏のフォックス・ステーションで放映される。

 この買収が実現すると、「アベンジャーズ」や「Xメン」といったマーベルのキャラクターもディズニーという1つ屋根の下に入ることになる。

 以上の資産を手にするディズニー は来年以降、ESPNおよびディズニーブランドのストリーミング・サービスを開始する際、ネットフリックスをはじめとする競合とうまく太刀打ちできるようになるだろう。

 ルパート・マードック氏とその子息が、何十年もかけて構築してきた事業の大半を売却することに前向きな姿勢を示したことは、エンターテインメント業界にとって衝撃的だった。

 オーストラリアでの父からの遺産をもとに世界的なメディアとエンターテインメントの帝国を築き上げたマードック氏は、残されたファミリービジネスを使ってアメリカのニュースとスポーツに集中できると述べた。同氏とその子息は14日に行われた投資家との対話の中で、今回の動きはスリムで積極果敢な同社のルーツに回帰するものだとした。

 マードック氏の新会社は、フォックス・テレビネットワークのほかケーブルネットワークのFS1、FS2、ビッグテン・ネットワークを通じて米メジャーリーグ、NFL、ナスカー、カレッジスポーツの全国放映権を手にするだろう。一方のディズニーは、ニューヨーク・ヤンキースを放映しているYESネットワークを含むフォックスの地域スポーツネットワークを獲得する。

 ディズニー は、フォックスから複数のケーブル事業および外国でのテレビ事業も買収する。

◆ネットフリックスとの競争


 ディズニーによる人気映画「スターウォーズ」のリリース前夜である14日に発表された今回の買収提案は、エンターテインメント事業が大きな変化を迎えているさなかに行われた。家庭向けエンタメの世界では、もはやテレビは唯一の主役ではない。そこには、来年に80億ドルもの資金をプログラミングに投資しようとしているネットフリックスがいる。アマゾンも自社作品を充実させているほか、「ロード・オブ・ザ・リング」の世界放映に向けて多額の投資を行った。フェイスブック、グーグル、アップルもまた動画に投資している。

 消費者がネットに費やす時間が増えていくにつれて、アメリカの広告に占めるテレビの割合は縮小していく傾向にある。広告主はネットに向かう消費者の関心を追いかけるようになり、そこではグーグルやフェイスブックが広告費の大半を稼いでいる。

 このような傾向に対処するため、ディズニーは独自の動画を放映するストリーミング・サービスを導入しようとしている。消費者の支持獲得に向けて、ネットフリックスとの競争力を強化するのが目的だ。

 ディズニーのロバート・アイガー最高経営責任者(CEO)は、ナショナルジオグラフィックや新たに加わるマーベルの作品などを含むフォックスの資産は、新サービスとの相性は良いと発言した。しかしながら一部の作品については、フォックスが持つ契約が切れるまでディズニーが待たなくてはならないケースもある。例えば、フォックスの映画は HBOが独占的に2022年まで放映するといった事例がある。

あわせて読みたい

「ディズニー」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    富田林署員エロサイト閲覧に衝撃

    赤木智弘

  2. 2

    沖縄の民意無視 土砂投入に怒り

    五十嵐仁

  3. 3

    絶望的にスマホ無知 日本の現状

    キャリコネニュース

  4. 4

    親世代と大違い 名門私立の凋落

    PRESIDENT Online

  5. 5

    パリ暴動 マクロン氏の冷酷措置

    田中龍作

  6. 6

    HUAWEI排除「通信は安全」幻想に

    S-MAX

  7. 7

    賃金上昇せず 増税で景気後退か

    MONEY VOICE

  8. 8

    富裕層の贈り物はなぜ気が利くか

    内藤忍

  9. 9

    消費税 クレカ還元は金持ち優遇

    舛添要一

  10. 10

    前原氏 バラバラ野党の現状謝罪

    国民民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。