記事

裏DVD販売店が都内から消滅も、さらに地下に潜る悪循環

【歌舞伎町の店を最後に都内から販売店はなくなったが...】

 11月末、無修正のわいせつDVDなどを販売していた歌舞伎町の5店舗が警視庁保安課の摘発を受け、わいせつDVD約57万9千枚(販売価格約2億円)が押収された。一度の押収量としては過去最大で、この摘発によって東京都内にわいせつDVD販売店は消滅した。ネット経由でコンテンツ購入するのが当たり前になりつつあった今、DVDはどのような人たちが購入していたのか。販売店が消滅しても、これらの販売業は継続されるのか、ライターの森鷹久氏がリポートする。

* * *
「やっと”殲滅”です。ウン十年という、捜査員と幹部、我々の地道な取り組みが身を結んだのだと感無量です」

 全盛期には200店以上あったという、東京・歌舞伎町の裏ビデオや裏DVD店が完全に消えて無くなったと、テレビや新聞といった大メディアも続々と報じ、警視庁関係者も胸を張った。では件の裏DVD業者側はどうなのか。

 音楽CDや映画などのDVDがそうであるように、販売手段が主にネット上に移行したとも簡単に推測できるとしても、やはり同様に違法ダウンロード等(裏ビデオ自体も違法だが)による視聴が増えたことで、売り上げが低下し、制作はもちろん、販売体制の縮小を迫られている、そんな現実があるのではないか。

 平成十年代から歌舞伎町の裏ビデオ販売店「Y」で販売員を経験し、現在はネット上であらゆる映像作品を販売する業者を経営しているという、関東地方在住の大迫太郎氏(仮名)が、アンダーグラウンドな業界の今を解説する。

「以前は裏ビデオ販売店の実店舗もある程度の需要はありました。ただ、当局の取り締まりがきつくなってきて、おおっぴらに売れなくなった。中でも苦労したのは、客をどうやって店に連れてくるか。客引き、キャッチまでもが禁止され、店と客の接点が作り出せない。中高年の馴染み客だけじゃどうにもならずネット販売するも、当初は顧客がつかなかった」(大迫氏)

 ネットによる販売数が増えだしたのはこの10年ほど。しかし増えてはいても、実店舗で秘密裏に取り扱っていた表には出せない、違法性の極めて高い作品をネット上で販売すれば、すぐに足がついてしまう。そこで大迫氏らが考えたのは、様々なジャンルの映像作品をネット販売しつつ、顧客の嗜好を読み取りながら、個別に「案内」する、という方法だ。

「裏ビデオ店時代のノウハウをそのまま踏襲したと言ってよい販売方法でしょう。裏モノではないDVDやイメージビデオの購入者に、個別にDM(ダイレクトメール)を送って”裏作品”やより過激な作品の存在を仄めかすのです」(大迫氏)

 DMを送りつけた客のうち、その半分程度からはなんらかの反応があり、2~3割が実際に購入し、そのほとんどが「馴染み客」になるとも説明する。また、これらの購入者は業者間で即座にリスト化され、共有される。「裏ビデオ購入者」としてこのリストに掲載されてしまうと、毎日のように、あらゆる業者からひっきりなしにDMが届き、場合によっては詐欺などに用いられることもあるという。

 歌舞伎町で「最後の裏DVD販売店」が摘発された際、警視庁は過去最多となる計32万枚ものDVDを押収。同店とその系列店舗は3年間で18億円以上を”荒稼ぎ”していたとされるが、大迫氏は深いため息をつく。

「3年間で18億では、人件費や運営費、その他もろもろの経費を考えれば割には合う。ただ一方で、今後の伸びしろ、そして逮捕されるリスクを考えれば”やんない方がいいよね”と業者が考えるのは自然なこと。今は、海外にサーバーを置く裏ビデオ配信業者一強という構図。昔ながらの手法で裏ビデオを製作し販売しているところは存在しないでしょう」(大迫氏)

 業者や個人が、海外にサーバーを置くアダルト作品の配信サイトに、自身で撮影編集した映像をアップし、ダウンロード数に応じた報酬を受け取るようになったのはごく最近の話。児童ポルノや盗撮モノなど、違法性の高い過激な作品が大量に視聴できてしまう環境は、これら海外にサーバーをあるサイトを通じれば「足がつく可能性はほぼない」という理由から出来上がってしまったという。

「我々がネットに食われた、という認識で間違いない。まあ、一つの文化が終わったという感じでしょうか。が、こっちもどうにかこの業界でやっていくしかないから、ネット上にアップロードされている映像を繋いで一本の作品にし、勝手に売ったりしている。いつまでこんなことが通用するかわからないけど、需要がなくならない限り供給はするし、そうしないと生活できないから……」

 裏ビデオを「文化」と呼び懐かしむ人々もいる。しかし違法が違法を呼び込む空間は日々拡大し続けており、当局が締め付ければ締め付けるほど問題は複雑化の一途をたどり、検挙に至るまで膨大な労力がかかるというジレンマにも陥っている。そういった中で「法律完全無視」を決め込んで顔色一つ変えない不届き者が増えていることも現実だ。

「裏ビデオ店が壊滅」というのは、世間的にも健康的に聞こえ、そして当局にとっては市民に誇れる「偉業」であったかもしれない。しかしその裏で、手を変え品を変え「裏ビデオ」やそれに相当する物の流通は未だ行われ、よりひどい、残酷なコンテンツが産み出されてもいる。

 今、構築されようとしている新たな裏モノ販売の”スタイル”もまた、その「壊滅の時」に世間は「文化が消えた」と嘆くのか。その程度の感傷で済ませ、問題の本質から目をそらしてもよいのか。今まさに「裏ビデオの文化が終わった」と嘆く一部の人々を見て、さらに複雑になりそうな、未来の光景を想像せずにはいられない。

あわせて読みたい

「わいせつ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    仏再封鎖 医師「PCR数凄いのに」

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    民家に犬164頭「最悪のケース」

    清水駿貴

  3. 3

    ペイパルの衝撃 仮想通貨新時代

    ヒロ

  4. 4

    伊藤と交際報道の山本舞香は号泣

    女性自身

  5. 5

    女子陸上盗撮 複数人が被害相談

    NEWSポストセブン

  6. 6

    安倍待望論も? 菅首相は裏方向き

    早川忠孝

  7. 7

    鬼滅効果でも厳しい消費氷河期に

    新潮社フォーサイト

  8. 8

    橋下徹氏 都構想で命を狙われた

    PRESIDENT Online

  9. 9

    伊藤健太郎の不心得を諭した女性

    文春オンライン

  10. 10

    陰性の「安心感」に尾身氏がクギ

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。