記事

なぜ日経の新幹線社説は10日遅れたのか

1/2

ジャーナリスト 沙鴎 一歩

新幹線で「あわや大惨事」ともいえる重大なトラブルが起きた。乗務員は異常に気付いてから運行を止めるまで約3時間もかかった。「安全の優先よりも定時の運行を優先させた」との疑問が呈されている。新聞各紙の判断もわかれた。東京新聞がいちはやく社説で取り上げたのに対して、日本経済新聞が社説で論じたのはトラブル発覚から10日以上経過してからだった。これは安全軽視ではないのか――。

画像を見る
日本経済新聞の社説(12月23日付)。見出しは「新幹線の安全を守るために」。

■新幹線で初の「重大インシデント」

年末年始、帰省や家族旅行で新幹線を使う方も多いだろう。その新幹線で大きな問題が起きていた。走行中の「のぞみ34号」(博多発東京行き)でトラブルが発生し、名古屋駅で運行をとりやめていた。JR西日本が12月12日、公表した。

車体と車軸を固定する鋼製の台車枠に亀裂が入り、台車から油漏れも見つかった。亀裂が進めば脱線し、乗客約1000人の命が危険にさらされる大惨事となる危険性があった。

このトラブルに対し、運輸安全委員会は12日、事故につながる恐れがあったとして新幹線で初の「重大インシデント」と認定した。当然である。

新聞各紙も原因の究明と再発防止を求める社説を掲載した。乗務員がのぞみ車内での異常に気付いてから運行を止めるまでに約3時間もかかっていたことを問題視し、「安全の優先よりも定時の運行を優先させた」と批判した。

大きなニュースだったが、新聞によって社説での扱いはわかれた。特に日本経済新聞は、トラブル発覚から社説掲載まで10日以上もかかった。しかもその内容は他紙と横並びで、遅れた理由はよくわからない。安全に関する各紙の認識がはっきりわかれた事例になった。

■真っ先に社説で取り上げた東京新聞

全国紙以外では東京新聞がJR西日本の公表から2日後の12月14日付で社説に取り上げている。東京新聞の母体である中日新聞の地元、名古屋で起きたトラブル。それだけに東京新聞が真っ先に取り上げるのは当たり前といえば当たり前だろう。

この東京社説から見ていこう。

「新幹線が世界に冠たる鉄道システムと言われるのは、速さばかりでなく安全、正確な運行の積み重ねがあればこそ。その安全性への信頼が揺らぐトラブルである。原点たる安全最優先を徹底したい」

東京社説はこうお得意のリード(前文)でまとめる。見出しも「安全第一に緩みないか」である。

■事故の背後には多くのトラブルがある

社説の前半から中盤にかけ、東京社説は「なぜ、亀裂ができていたのか。まずは調査を尽くし、経緯を解明する必要がある」と主張し、トラブルが起きた経緯を説明する。

それによると、トラブルを超したのは2007年に製造されたJR西日本所有の車両。今年2月には車両解体検査を受け、トラブル前日の目視点検でも異常はなかった。トラブルが起きた12月11日は午後1時15分ごろ、小倉駅発車時に乗務員が焦げたようなにおいを確認。岡山駅からは車両保守担当者も添乗し、うなり音も確認していた。しかし運行は継続された。新大阪駅でJR東海の乗務員に交代した後、京都駅付近で再び車掌が異臭を感じ、名古屋で床下が点検された。

東京社説は「異変を確認してから3時間も運転を続けていたことになる。その判断に問題はなかったか」と訴え、「優れた安全システムも、携わる人間が基本動作をおろそかにしては事故防止には結びつくまい」と指摘する。

東京社説の主張の通りである。3時間もの間、JR側は何をしていたのだろうか。事故はわずかなトラブルから起きる。「大事故の背後には数多くのトラブルや前触れが隠れている」というハインリッヒの法則がそれを物語っている。トラブルの芽をひとつひとつ確実に摘み取ってこそ、安全運行を維持できるのである。

それを「大丈夫だろう」と軽く判断し、運行を継続した。安全よりも運行を優先した。乗客に苦情を言われたくなかったのだろう。少しでも経営に響くようなトラブルは避けようとしたのだと思う。だが、もし事故につながっていたら、大惨事になる危険性があった。約1000人の乗客はどうなっていただろうか。

あわせて読みたい

「新幹線」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 感染数より死亡数を見よ

    PRESIDENT Online

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  4. 4

    強制退寮 ハーバード大生に衝撃

    井上貴文

  5. 5

    キスも…慶応研修医の集団感染

    文春オンライン

  6. 6

    よしのり氏 政府の持久戦を支持

    小林よしのり

  7. 7

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  8. 8

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  9. 9

    感染爆発の米NY 市長が問題発言

    Rolling Stone Japan

  10. 10

    スペイン 死者が1万4500人突破

    ロイター

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。