記事

大晦日『ガキ使』が笑えない事態 南野陽子バブルダンスも幻に

image

「ここへきて安室奈美恵さん(40)や桑田佳祐さん(61)の出演が決まった紅白ですが、今年は音楽業界全体的に不作の年でした。だから裏番組である民放としては、過去にないチャンスなんです。万が一瞬間最高でも紅白を抜くことがあれば、歴史的なことですからね」(テレビ局関係者)

しのぎを削る大晦日のテレビ業界。例年はNHK紅白歌合戦の視聴率が首位に君臨してきたが、今年は民放にも“下剋上”のチャンスが到来しているという。

ここ数年、民放首位は日本テレビ『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日年越しスペシャル!』の「絶対に笑ってはいけない」シリーズ。第1部が17.7%、第2部が16.1%で他局を圧倒している。

意外な芸能人が仮装してダウンタウンらを笑わせようとするもので、今年は『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』を企画。関係者は例年以上に力を入れてキャスティングしているというが、かなり難航していたという。

「まず、毎年出演していたローラさん(27)から出演を断られました。所属事務所が断ったというよりも、ローラさん側が断ったようです。そのほか斎藤工さん(36)にも断られてしまったようです。斎藤さんはお笑いが大好きでこれまで仮装して出演してくれていたのですが、やりすぎてネタがつきてしまったようです」(芸能関係者)

そんななか、意外な人物の名前もあがっていた。それは、南野陽子(50)だ。

「今年は平野ノラさん(39)がバブルネタで大ブレイクしました。そこでバブル時代にいちばん人気があったアイドルの南野陽子さんにバブルダンスを踊ってもらい、出演者を笑わせようという企画があがったんです」(前出・芸能関係者)

80年代に『スケバン刑事2』で大人気となった南野。今回のガキ使はアメリカンポリスが舞台だけに、“刑事つながり”でもあったが……。

「当初は南野さん側も乗り気だったようですが、収録日時に南野さんに別の予定が入っていて。結局スケジュールが合わず、実現には至りませんでした」(番組関係者)

今年50歳となった南野のバブルダンスは、まぼろしに終わってしまったようだ。

あわせて読みたい

「笑ってはいけないシリーズ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「企業の魂」を売ったオリンパス

    大関暁夫

  2. 2

    GoTo「東京外し」は憲法に抵触か

    青山まさゆき

  3. 3

    バイキング 政権批判続ける事情

    NEWSポストセブン

  4. 4

    ツーブロックNG 驚きの理由とは

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    「なぜ不倫しないの」への答え方

    文春オンライン

  6. 6

    欅坂46なぜ改名? 平手一強の弊害

    文春オンライン

  7. 7

    藤井七段が最年少タイトルを獲得

    ABEMA TIMES

  8. 8

    子ども騙し?2野党合流協議に呆れ

    早川忠孝

  9. 9

    命を守る現場 待遇なぜ悪いのか

    毒蝮三太夫

  10. 10

    尾身氏「緊急宣言のときと違う」

    BLOGOS しらべる部

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。