記事

上海市、2035年までに人口を2500万人に制限 「大都市病」対策

[上海 26日 ロイター] - 中国の国務院(内閣に相当)は、2035年までに上海市の人口を2500万人に制限する方針を示した。「大都市病」と呼ばれる環境汚染や交通渋滞などの問題を解決する狙い。25日にウェブサイトで公表した。

国務院はウェブサイトで、人口管理は上海市の2017─35年の基本計画の一環で、既に承認されているとし「2035年までに、上海市の居住者数は約2500万人とし、建設用地は3200平方キロメートルを超えないこととする」と説明した。

中国では、都市部の環境汚染や交通渋滞、教育や医療などの公共サービス不足の問題が「大都市病」として取り上げられている。

また、国内主要都市では住宅価格が急騰し、不動産バブルの懸念も浮上している。

新華社が昨年報じたところによると、上海市の2015年末時点の人口は2415万人だった。

上海市は、環境や史跡の保護を一段と強化する方針も示している。

あわせて読みたい

「上海」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  8. 8

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  9. 9

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  10. 10

    拉致被害者の救出には改憲が必要

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。