記事

米財務長官宛てに馬ふん小包、税制改革に抗議の男性が名乗り出る

[25日 ロイター] - 米ロサンゼルスの高級住宅街ベル・エアにあるムニューシン米財務長官の自宅付近で馬ふん入り小包が発見された事件で、実行者と名乗り出た男性は、先にトランプ大統領が署名した税制改革法への抗議のための行動だったと述べた。

この男性はロサンゼルス郡メンタルヘルス局の心理学者、ロバート・ストロング氏(45)。ロイターとの電話インタビューで、小包を財務長官の自宅の外の私有車道に置いたことを認めた上で、税制改革法は貧困者に打撃になるとの考えを示した。

地元警察もシークレットサービスも事件を捜査中だが、ストロング氏が実行したとの確認には至っていない。シークレットサービスは、小包をおいたことを認めた人物に事情聴取を行った、25日午後時点で起訴していない。警察関係者によると、小包にまったく危険性がなければ、法律違反に問われない可能性もあるという。

ストロング氏は、馬ふんに添えたカードの写真をツイッターに投稿。そこには「ムニューシン様、トランプ様、われわれは、税制改革法というクリスマスの『ギフト』にお返しをいたします」と書かれ、「心をこめて、米国民より」と署名されている。

*26日配信記事で、2段落目の「公衆衛生局」を「メンタルヘルス局」に訂正して再送しました。

トピックス

ランキング

  1. 1

    菅首相に見る本読まない人の特徴

    山内康一

  2. 2

    パワハラ原因?オスカー崩壊危機

    渡邉裕二

  3. 3

    公選法に抵触 毎日新聞の終わり

    青山まさゆき

  4. 4

    橋下氏 毎日新聞のご飯論法指摘

    橋下徹

  5. 5

    誤報も主張曲げぬ毎日新聞に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    進次郎氏の発言に専門家「軽率」

    女性自身

  7. 7

    都構想反対派が自壊 主張に疑問

    青山まさゆき

  8. 8

    学術会議の反軍事声明は偽善的

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  9. 9

    TBS番組が伊藤健太郎逮捕で誤報

    女性自身

  10. 10

    任命拒否 提訴できず手詰まりか

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。