記事

松居一代と藤吉久美子 お茶の間席巻「劇場型会見」の勝者は

【安定感すら感じさせた会見だった】

【熟女好きの間で話題に】

 2人の女性の“瀬戸際”の会見を目のあたりにして、考えさせられた人は多いだろう。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が指摘する。

 * * *
 年末、世間を騒がせた松居一代さんと藤吉久美子さん。そんじょそこらのフィクションを超えて「ドキュメンタリードラマ」の面白さを見せつけてくれました。2つの会見の内容は対象的でしたが、そのドラマツルギーゆえ、民放番組を占拠する結果に。2つの会見を、ドラマの基本3要素である「役者」「演出」「脚本」の視点から点検してみると……。

●「役者」としては?

 松居一代さんのデビューは1979年。『11PM』のカバーガールとしてお色気を振りまき、ドラマ『幻之介世直し帖』で女優に。映画『マルサの女』『肉体の門』『夜逃げ屋本舗パートII』などに出演していますが、代表作といえるものは? 調べてみると「主役」を演じた映画がありました。1985年29才の時、若松孝二監督の『衝撃 パフォーマンス』で男子高校生と駆け落ちする女教師に。艶系女優的役割でかなりの濡れ場もあるらしい。そのせいか「元祖・壇蜜」と呼ぶむきもいるとか。

 女優としての経歴は、華やかとまで言えないかもしれませんが、今年松居さんはたしかに「演技」で注目されました。自分でプロデュースしたYouTube「松居劇場」における、鬼の形相、射るような目、どす黒い肌……そのインパクトはホラー作品のような迫力がありました。

 一転して、離婚報告会見では花柄の服に身を包み終始ほほ笑みを浮かべ、滑舌よいセリフ回し、余裕を感じさせるペース、決めのガッツポーズ。会見の内容は別として、「段取り」通りきっちりと演じ切った様子。その演技に妙な落ち着き、安定感がありました。

 一方、藤吉久美子さんは1982年のNHK連続テレビ小説『よーいドン』でヒロインに抜擢。女優としては王道のスタート。その後、ドラマのレギュラー出演など活躍は主に90年代。最近は2時間ドラマや時代劇あたりが多く、若者の間では知らない人も多い女優さんでした。

 会見に現れた藤吉さんはすっぴん、赤く腫れた瞳、乱れた髪で号泣。しかし極端なその様子は「涙に逃げている」「ウソっぽい」との感想も多く、演技的には説得力に欠けたかもしれません。男性プロデューサーと一緒の写真では結婚指輪をはずし、会見では指輪を見えるように涙を拭いていた、と細部にわたるつっこみもありました(お笑い芸人・石井てる美さん)。

 ただし、「号泣会見でその魅力に改めて気づいた男性は多く、一部の熟女好きの間で話題になったようです」(2017.12.18「リアルライブ」)。お色気ドラマに推挙する声まで出て、いったい何が幸いするのかはわかりません。

●演出は?

 松居さんの会見の演出・構成は、周到に計算されていました。まず8時30分スタート。民放各社のワイドショーが放映される時間帯を見計らい、LIVE映像が入ることも可能なタイミングを狙った。まるで、「民放各社をのっとった“朝ドラ”」のよう。人の興味を惹く巧妙な演出も。終了3分前に突如、実家へ生電話し「母ちゃん、母ちゃん」を連発、妙なライブ感に包まれ、スタジオも視聴者もぶったまげました。

 一方、藤吉さんの場合は何より夫・太川陽介さんの会見との「セット構成」が絶妙でした。まず太川さんが所属事務所で会見し疑念を前提とした上で、敢えて「僕は妻を信じる」「守る」と全面擁護。数時間後に会見予定の藤吉さんについて、「お手柔らかに」とマスコミ陣へフォローまで。あとは妻が号泣の一色。

 太川さんの会見には絶賛が集まり「男を上げた」「神対応」と褒めちぎられました。が、対象的に、「怖い」という声も主に女性からあがりました。

「(太川さんが)すごい怖いなと思った。世の中に寝取られ男だと思われることがみっともないし、怒り狂っているはず。でもその気持ちを抑えて寛容な夫を完璧に演じたというのは、妻を守るというよりも自分の体裁を守るための会見だったかなと思った」(西川史子さんのコメント)

 完璧すぎる構成、水も漏らさぬ用意周到ぶりがむしろ不自然さ不信感につながることもある。太川さんの「支配」の影をそこに感じとってしまったのは、西川さんだけでなく多くの女性たちだったかもしれません。

●脚本・筋立て

 松居さんの会見の「脚本・筋立て」はイマイチといわざるを得なかった。なぜなら、「勝利宣言」という軸でストーリーを回そうとしたけれど視聴者にとっては「?」だったから。「勝利」の中味が、よくわからなかった。松居さんは事業で大成功した資産持ちなので、「財産分与しない」という決着が、ご本人にとっての「勝利」だったらしい。しかし、そのあたり細かな事情を知らない人にとっては、ちょっと理解しにくいオチでした。

 むしろ、元夫が所属する巨大芸能事務所・ホリプロを相手に「情報開示しない約束にもかかわらず先に離婚情報を流した、約束違反を許さない」などと、「大義」「正義」をふりかざして攻めた方が“劇場型”としては面白く、かつ視聴者の同情を買えたかもしれません。おそらく名誉毀損で訴えられて、そのあたり手足を縛られていたのでしょうけれど。

 一方、藤吉さんの会見は誰がセリフを書いたのかわかりませんが、「もう彼がいないと生きていけない」はあまりにクサすぎる、との感想も多く聞かれました。あわせて「潔白を主張しているのに、泣いているその理由がわからない」という声も。「泣き逃げ」に終始した筋立てでしたが、十分な納得感を与えられなかったかもしれません。

 様々な見方、受け取り方があるにせよ、「ドキュメンタリードラマ」の面白さが際立った2つの会見でした。

 YouTubeの「松居劇場」が計1千万回以上再生されたことを考えれば、「個人ドラマ制作時代」の幕開け、と言ってもいいのかもしれません。役者の仕事は渡された台本を覚えることに留まらず、「自己演出」「脚本作り」に長じた人こそ、この時代に生き抜き視聴率がとれる、ということなのでしょう。

 リアルタイムで生中継したフジテレビ『とくダネ!』では、小倉智昭キャスターが「なんでこれに付き合わされたのか。聞いていて、だんだん私は腹が立ってきたんですけどね」と愚痴っていた。何をおっしゃいます。「イヤよイヤよも好きのうち」、視聴率を狙っての生中継ですよね。そのあたりテレビの構造を手玉にとった松居さんの勝ちでした。

あわせて読みたい

「離婚」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国現代自動車はなぜ凋落したか

    ロイター

  2. 2

    自民・後藤田正純氏が結婚詐欺か

    文春オンライン

  3. 3

    蓮舫氏に答弁 気の毒な桜田大臣

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  4. 4

    徴用工判決で日本「韓国撤退」も

    NEWSポストセブン

  5. 5

    スーツ買えぬ若者に企業は配慮を

    工藤啓

  6. 6

    BTSファン 彼らは反日じゃない

    キャリコネニュース

  7. 7

    橋下氏「徴用工で負けるリスク」

    PRESIDENT Online

  8. 8

    徴用工判決で世界の信用失う韓国

    NEWSポストセブン

  9. 9

    川上量生氏からの「抗議」に反論

    やまもといちろう

  10. 10

    徴用工問題 北の主張軽視するな

    高英起

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。