記事
  • mkubo1
  • 2011年12月12日 23:57

消費税増税より恐ろしい年金保険料増額の話が復活

日本では、消費税増税が議論されていますが、それはそれで、景気にマイナスの影響を与えかねないのですが、それよりも、すごい計画があるようです。

日経新聞のWEB版に次のようなニュースが出ていました。

 

厚生年金保険料上限上げ 厚労省検討 月収60.5万円以上、負担増

http://www.nikkei.com/access/article/g=9695999693819591E0E1E2E2E68DE0E1E3E2E0E2E3E39F9FEAE2E2E2

 

簡単に解説します。

月収が60.5万円以上の方(標準報酬月額62万円)は、毎月給与から天引きされています保険料50,877(労使折半)が、なんと、最大99,000に引き上げられます。

厚生年金は、月収の約16.4%を労使折半で払っています(約8.2%ずつ)。

月収が605,000円を超える人は、みな同じです。

 

が、今後は、月収の上限が1,175,00円に上がるというのです。

月収が1,175,000円以上の人(標準報酬月額121万円)は、毎月99,000円の厚生年金(保険料)を支払うことになり、差し引き48,123円増加となります。

なんと年間577,476円増!

 

理由は、健康保険の上限が1,175,000円なので、厚生年金の上限も健康保険に合わせるということです。

「???」って感じですが。

なぜ、厚生年金と健康保険の上限を一致させなければいけないのか?

 

さらに驚くことは、年金の原則では、増額する保険料は給付の増額(じじばばになったときにもらえる年金給付額が増えること)となりますが、今回は、年金財源の確保が目的にため、給付の増額はなさそうです(ありえませんよね)。

 

一方、月収の下限も引き下げるようです。

月収が10万円以下の人は、毎月8,041円の保険料を支払っていましたが、この下限を月収78,000円に引き下げ、毎月の保険料を64,000円に軽減するようです。

 

これって、中高所得者から低所得者への所得移転と同じです。

特に、中所得者には、負担の割合が非常に大きいのです(最大約4.1%)。

ほとんど社会主義国家に近い感じがします。

 

消費税の議論も良いのですが、実質的には、こちらのほうが負担増になりますからね。

もっと、議論があっても良いのではないかと思います。

というか、この話、ちょうど3年前に、社会保障審議会年金部会で見直し案が提示されて、それ以降、消えていたのですが、突然の復活となりました。

 

要は、何回も言っていますが、現行の厚生年金(国民年金も含む)の制度が、ほぼ破綻していることを示しています。

新たな財源がないと、早晩、枯渇してしまうのです(運用もいまいちですし)。

取りやすいところからとるのです。

繰り返しになりますが、10年国債が1%の時代に、100兆円以上の資金を4%以上で運用しようと計画しているのは、正気の沙汰ではありません。

バフェットさんも、ソロスさんも無理ですよ。

ましてや、厚生官僚らに出来るわけがありません。

 

制度の欠陥と運用の失敗を国民に押し付けているようなものです。

こんなことを行うより、新しい年金制度へ移行したほうがどれだけいいか。

まあ、今の年金制度にぶら下がっておいしい汁を吸っている人が多いということなのでしょうかね。

 

ともかく、月収が1,175,000円以上の方は、毎月最大50,000円ほど手取りが減る可能性があります。

さらに、今後、標準賞与額の上限150万円についても、上限を上げる可能性があります。

同じ理由で行きますと、健康保険は年間540万円、厚生年金は1カ月当たり150万円が上限額となっているからです。

 

この際、説明しますと、年間540万上限というのは、言葉通り、年間の総ボーナスが540万円まで、保険料がかかります。

一方、1カ月当たり150万円上限というのは、年2回ボーナスで300万円+200万円の方は、保険量が8.2%とすれば、

150×8.2%×2246,000が保険料となります。しかし、健康保険と同じやり方にしますと、500×8.2%410,000が保険料となります。

もし、年1回、1000万円の賞与をもらっていたら、約320,000円も支払い金額が増えます。

 

日本を脱出する人も出てくるかもですね。

あわせて読みたい

「マネー」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性パートナーの得意な家事「皿洗い」に女性は不満?意識のギャップを防ぐカギは【9月19日は育休を考える日】

    ふかぼりメメント

    09月18日 08:50

  2. 2

    なぜ不祥事を起こした議員の「除名」に極めて慎重なのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月19日 08:21

  3. 3

    「FIREブーム」は昭和バブル期のフリーターブームに似ている

    内藤忍

    09月18日 14:15

  4. 4

    鈴木宗男氏が、枝野代表の総裁選への指摘に苦言「論外」

    鈴木宗男

    09月19日 10:53

  5. 5

    堀江貴文「コロナ禍に資格の勉強を始める人が見落としている根本的な間違い」

    PRESIDENT Online

    09月18日 14:24

  6. 6

    先進国唯一の異常事態 「安値思考」から抜け出せない日本 - 渡辺 努 (東京大学大学院経済学研究科教授)

    WEDGE Infinity

    09月18日 10:45

  7. 7

    東京都医師会の尾崎会長 自身の医院でなぜ陽性者を受け入れていないのか

    NEWSポストセブン

    09月18日 17:04

  8. 8

    アンタタッチャブル「共演NG説」あった松本人志との共演急増のワケ

    NEWSポストセブン

    09月19日 09:23

  9. 9

    9月にバラエティが続々終了 最終回を民放各局が注視する理由

    NEWSポストセブン

    09月18日 10:08

  10. 10

    自民OB・舛添要一氏「岸田文雄総裁なら“疑似政権交代”のような雰囲気出せる」

    NEWSポストセブン

    09月19日 11:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。