記事

来年度予算案:経済再生と財政健全化を両立

昨日、平成30年度の政府予算案を閣議決定しました。

総額97.7兆円の来年度予算は、経済再生と財政健全化を両立した予算となりました。

好調な経済を背景に、税収は59.1兆円と27年ぶり、バブル期以来の水準が見込まれます。

政権発足前の43.9兆円から15兆円以上も税収が増えています。

徹底した歳出改革により、「経済・財政再生計画」に定められた財政健全化の「目安」を達成しました。

公債の発行額を安倍内閣発足以来6年連続で減らしました。

政権発足前と比べて実に13.8兆円もの減額です。

少子高齢化という課題に立ち向かうための、「人づくり革命」と「生産性革命」に重点的に配分されています。

保育の受け皿拡大や、保育人材・介護人材の処遇改善、幼児教育の段階的無償化、給付型奨学金の拡充など、人への投資を増やしています。

地域の中核企業や中小企業による設備・人材への投資の促進や事業承継支援のための措置の拡充、産学官連携での研究開発といった技術革新の推進、生産性向上のためのインフラ整備の重点化など、持続的な賃金上昇とデフレからの脱却につなげるための「生産性革命」の諸施策を進めます。

さらには、観光、農林水産業といった成長分野へも重点的に配分し、GDP600兆円の達成を目指します。

同時に、薬価制度の抜本改革など歳出削減努力を積み重ね、一般歳出や社会保障費の伸びも抑制することができました。

同時に決定した、平成29年度補正予算では、生産性革命・人づくり革命に加えて、「総合的なTPP等関連政策大綱」の実現や、7月の九州北部豪雨といった災害復旧などが予算化されています。

年が明ければ平成30年の通常国会が開催されます。

年明けの国会で一日も早く成立させることで、少子高齢化の克服に向けて力強く踏み出し、経済の成長軌道を確かなものとしてまいります。

あわせて読みたい

「国家予算」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo中止 国民の声気にする政府

    早川忠孝

  2. 2

    「首席なの」小池氏との会話回顧

    舛添要一

  3. 3

    王様状態? 麻生氏民度発言の背景

    NEWSポストセブン

  4. 4

    「国から直接給付金」望ましいか

    Chikirin

  5. 5

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  6. 6

    拉致問題の解決逃した外交に後悔

    鈴木宗男

  7. 7

    久米宏ラジオ終了 ネット注力か

    女性自身

  8. 8

    久米宏の悪ノリ発言引き出す話芸

    常見陽平

  9. 9

    楽天「1円スマホ」は本当に買い?

    文春オンライン

  10. 10

    拉致被害者の救出には改憲が必要

    自由人

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。