記事

来年度予算案:経済再生と財政健全化を両立

昨日、平成30年度の政府予算案を閣議決定しました。

総額97.7兆円の来年度予算は、経済再生と財政健全化を両立した予算となりました。

好調な経済を背景に、税収は59.1兆円と27年ぶり、バブル期以来の水準が見込まれます。

政権発足前の43.9兆円から15兆円以上も税収が増えています。

徹底した歳出改革により、「経済・財政再生計画」に定められた財政健全化の「目安」を達成しました。

公債の発行額を安倍内閣発足以来6年連続で減らしました。

政権発足前と比べて実に13.8兆円もの減額です。

少子高齢化という課題に立ち向かうための、「人づくり革命」と「生産性革命」に重点的に配分されています。

保育の受け皿拡大や、保育人材・介護人材の処遇改善、幼児教育の段階的無償化、給付型奨学金の拡充など、人への投資を増やしています。

地域の中核企業や中小企業による設備・人材への投資の促進や事業承継支援のための措置の拡充、産学官連携での研究開発といった技術革新の推進、生産性向上のためのインフラ整備の重点化など、持続的な賃金上昇とデフレからの脱却につなげるための「生産性革命」の諸施策を進めます。

さらには、観光、農林水産業といった成長分野へも重点的に配分し、GDP600兆円の達成を目指します。

同時に、薬価制度の抜本改革など歳出削減努力を積み重ね、一般歳出や社会保障費の伸びも抑制することができました。

同時に決定した、平成29年度補正予算では、生産性革命・人づくり革命に加えて、「総合的なTPP等関連政策大綱」の実現や、7月の九州北部豪雨といった災害復旧などが予算化されています。

年が明ければ平成30年の通常国会が開催されます。

年明けの国会で一日も早く成立させることで、少子高齢化の克服に向けて力強く踏み出し、経済の成長軌道を確かなものとしてまいります。

あわせて読みたい

「国家予算」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    イソジンうがいで新型コロナの重症化予防という話はどうなったか追いかけてみた

    名取宏(なとろむ)

    04月15日 12:44

  2. 2

    「東京来ないで」発言の小池知事はこの一年何をしてきたのか

    中村ゆきつぐ

    04月16日 08:52

  3. 3

    電通が「数百万円程度」で作成 批判受け削除の復興庁トリチウムキャラクター【東京電力福島第1原発事故】

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:47

  4. 4

    大阪府民「まん防やなく辛抱ですわ」感染拡大で吉村知事への不満続々

    NEWSポストセブン

    04月16日 12:04

  5. 5

    「原発推進派」を自称する自民党議員の不可解な主張 福島処理水の安全性を再び検証

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    04月16日 08:23

  6. 6

    被災地で甦った戦火の記憶。「熊本に凱旋」今なお諦めずに…ハリルホジッチ氏独占取材

    塩畑大輔

    04月16日 10:03

  7. 7

    ブルーライトカット眼鏡への意見書を出した学会に聞く「結局使うべきではないのか」

    BLOGOS しらべる部

    04月16日 16:14

  8. 8

    ALPS処理水の海洋放出について

    城内実

    04月15日 17:02

  9. 9

    「なぜ受験勉強をしなければいけないか」橋下徹が出した納得の理由

    PRESIDENT Online

    04月16日 16:05

  10. 10

    賃金水準がG7最下位に転落した日本 最大の理由は官僚や大企業経営者の「保身」

    マガジン9

    04月15日 17:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。