記事

女性皇族の「結婚ドミノ」で皇室人数減少、想定される議論


【「女性宮家創設」は進むのか?】

 12月23日の天皇誕生日、そして新年を迎えた1月2日にともに皇居・長和殿で行われる一般参賀は、天皇陛下をはじめ皇族方が勢揃いする数少ない行事の1つだ。だがかつてに比べると、私たちの眼前に並ばれる人数はぐっと少なくなってしまった。その光景から、皇室の未来に不安を覚える人は少なくないだろう。

 陛下の退位が2019年4月末に決定した。同日、国事行為として「退位の礼」が行われ、両陛下は第一線から離れられることになる。

 それに先立つ2018年11月4日、秋篠宮家の長女・眞子さまが小室圭さんと結婚され、皇族から民間人となる。つまり、両陛下も眞子さまも「公務」を担うことができなくなる。

「天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為やその象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます」

 2016年8月のお気持ちの中で、陛下はそう明かされた。どれだけ陛下が「務め」を大切にされているかが伝わってくる。一方で、全体の人数が減少してしまうことは、皇室としてこれまでと同じように活動して「務め」を果たすことが不可能になることを意味する。

「今の活動をそのまま今後も、(中略)その量を同じようにできるかというと、私はそれは難しいと思います」

 2015年の誕生日会見で、秋篠宮さまがそう話されたこともあった。

 人数が足りないという物理的な問題だけではない。国民と苦楽をともにし、心に寄り添う。高齢になっても続けられる祈りの旅。先の戦争を肌で知る両陛下が築き上げ、国民から絶大な信頼を得てきた「平成の皇室像」がそのまま継承されるのは難しい。いずれ次代にふさわしい皇室の姿が形作られていくだろう。皇室は今、大きな岐路に立たされているといえる。

◆側室という安全装置はもうない

 皇室典範では、女性皇族は結婚すると皇籍を離脱すると規定されている。現在、皇室には陛下のほかに18名の皇族方がいる。そのうち、眞子さまを除くと未婚の女性皇族は6名だ。

「愛子さま以外の5名は成人を迎えられており、“結婚適齢期”といっていいでしょう。退位という大きな課題に一旦の区切りがついたことに加え、眞子さまの結婚を機に女性皇族の“結婚ドミノ”が起こってもおかしくないと思います。そうなれば、さらに皇族の減少は加速します」(皇室記者)

 そこで取り沙汰されているのが、今回、陛下の退位にまつわる特例法の付帯決議にも記された「女性宮家創設」だった。皇室ジャーナリストの山下晋司氏が解説する。

「女性皇族が一般のかたと結婚しても皇籍を離れず、相手がいわば婿養子となり、女性皇族が当主となる宮家のことをいいます。そうすれば、結婚後も皇族として活動していただけます。女性皇族の中でも特に3人の内親王殿下はご誕生の時から国民は成長を見守ってきましたから、受け入れるのに抵抗は少ないと思います。ただ、結婚すれば皇室を離れる前提でこれまで育ってこられたから、“残ってください”と急に変更するのは問題です。皇室の制度は長期的な視点で整備すべきです」

 2011年11月には、当時の羽毛田真吾宮内庁長官が、野田佳彦首相に検討を要請し議論がスタート。翌2012年10月には皇室典範改正へ向けた論点整理が発表された。

 だが、それから2か月後、2度目の首相就任を果たした安倍晋三首相が「女性宮家を認めてしまえば、将来女系天皇が誕生する可能性が高い」と表明し、一切を白紙撤回した。それから、議論は停滞したままだ。

 皇族の減少と同じく、長らく皇室を取り巻いてきたのが「皇統の問題」だった。皇室典範の第1条には、次のように規定されている。

《皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する》

 これまで125代いる日本の天皇は、すべて父方から天皇の血を引いた「男系」が即位してきた。女性天皇は10代8名存在するが、いずれも「男系の女性天皇」。安倍首相は、女性宮家創設が将来的に女系天皇誕生の呼び水となり、「万世一系」の歴史を途絶えさせてしまうと考えているのだ。

「かつては側室という“安全装置”もありましたから、男系で皇位を継承してこられました。しかし、現代の一夫一婦制で、なおかつ嫡出の男系男子に限る制度ですと、継承者がいなくなるのは時間の問題でしょう」(前出・山下氏)

 このままいけば、皇太子さまに続いて、秋篠宮さま、悠仁さまという順番で皇位が継承されていくことになる。

「悠仁さまはまだ11才。ですが、悠長なことは言っていられません。口にすることは憚られますが、“万が一”が起こらないとは言い切れない。実際、悠仁さまが乗った車が高速道路上で接触事故を起こしたこともありましたから」(宮内庁関係者)

 私たちの生活と密接に絡みあいながら、常に皇室はそこに存在していた。だが今、皇室はその存亡の危機にある。

撮影/雑誌協会代表取材

※女性セブン2018年1月4・11日号

あわせて読みたい

「皇室」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    バレーのジャニ依存 海外で批判

    WEDGE Infinity

  2. 2

    韓国法相辞任で文政権崩壊はない

    文春オンライン

  3. 3

    法相辞任 文政権は崩壊に向かう?

    早川忠孝

  4. 4

    旧民主の悪夢 八ッ場ダムに脚光

    早川忠孝

  5. 5

    少女像以外も政治的なあいトリ

    紙屋高雪

  6. 6

    教師間いじめ 評価高い加害教諭

    非国民通信

  7. 7

    ラグビー主将が忘れぬ日本の募金

    文春オンライン

  8. 8

    素人の台風撮影に頼る報道へ苦言

    krmmk3

  9. 9

    台風19号を政争の具にする愚かさ

    自由人

  10. 10

    立民 与党から予算委開会の要求

    立憲民主党

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。