記事

市井に上手く溶け込む異常犯罪者 見分けることは難しい


【バラバラ遺体と2か月共に暮らした白石隆浩容疑者】

 2017年、日本列島を震撼させた出来事といえば、11月に神奈川県座間市で発覚した9遺体事件にほかならない。この事件では、白石隆浩容疑者(27才)がSNSを用いて自殺願望のある人々に接近し、男女9人の遺体を包丁やのこぎりで解体。自宅のクーラーボックスや大型の収納箱に収容し、何食わぬ顔で日常生活を送っていた。

「被害者の名前は知らない」、「3人目以降は殺した順番も覚えていない」。取り調べでそう供述する白石容疑者に対し、発覚直後から「サイコパス」「シリアルキラー(大量殺人者)」との声が上がったが、今回海の向こうから事件を分析し、日本社会に潜む“同類”の存在を指摘するのが、元FBI特別捜査官でプロファイラーのマーク・サファリック氏だ。

 FBI時代、同氏は米カリフォルニア州で3人の子供と母親が射殺された2003年の「ベーカーズフィールド事件」で、現場に残された痕跡を丹念に調べ上げ、事件解決に導いた実績を持つ。

 現在は警察官やFBI捜査員の指導員として活動しており、過去には日本のテレビ局の依頼で、未解決の世田谷一家4人殺害事件のプロファイリングを行ったこともある。

 異常殺人を分析するプロであるサファリック氏は、白石容疑者について「サイコパスである確率は極めて高い」と指摘する。

「サイコパスとは、『反社会性人格障害』ともいわれる、精神的な疾患の一種です。最大の特性は、共感能力の欠如。彼らは相手に感情移入することが一切ない。加えて自分の行動を顧みることがなく、罪の意識を持つこともない。白石容疑者は遺体の解体について『最初は3日かかったが、2人目からは1日でできた』と、まるで単純作業のように供述している。反省の言葉はなく、犯行内容を自ら淡々と話しており、サイコパスの特性に当てはまります」

 共感性の欠落だけでなく、「病的な嘘つき」「強い支配欲を持つ」といった性質を併せ持つのもサイコパスの特徴。

 白石容疑者は、自分も自殺志願者であると見せかけ、巧みに犠牲者を自宅アパートに呼び寄せ、無慈悲にも殺害していたと伝えられている。

 サイコパスは先天性のものや、家庭環境やいじめ体験など後天的要因が複合的に絡み合って発症するケースもあり、白石容疑者の猟奇性が何によって育まれたのか、今はまだ定かではない。

◆サイコパスが多い職業ランキング

「誤解している人も多いのですが、サイコパスがみな犯罪に走るわけではありません。全人類の1%(約7000万人)はサイコパスだといわれており、そのほとんどは一般社会で普通に生活している。実際、企業のCEO(最高経営責任者)など、組織のトップにはサイコパス気質の人間が多い。前例なき挑戦でもリスクを恐れない、冷酷に部下を切れるなど、上に立つ人間には必要な特性でもあるからです。ケネディやクリントンなどの歴代大統領にも、顕著なサイコパス特性が見られるという指摘もある。ちなみに、理由は不明ですが、女性にサイコパスはほとんどいません」(サファリック氏)

 英誌『TIME』は2014年、「サイコパスが多い職業トップ10」と題した記事を掲載しているが、1位はやはりCEO。2位以降は弁護士、報道関係者、セールスマン、外科医、ジャーナリスト、警察官と続き、いずれも心身に強いプレッシャーがかかるなか、リスクや批判を恐れずに突き進む能力が求められる職業が占めている。

 白石容疑者のように、サイコパスの素養が犯罪志向に結びつくのはごく一部のケースだというが、この“ごく一部”が最大の問題だとサファリック氏は続ける。

「罪の意識が欠落し、逮捕のリスクも考慮できない。ゆえに歯止めがきかないのです。次々に殺し、次々に犯す。犠牲者には何の感情も持ちません。とりわけ殺人衝動に結びついた場合、世を戦慄させる快楽殺人者やシリアルキラー、ネクロフィリア(死体愛好者)になりやすい。

 彼らは外見上ごく普通の人間で、話術に長け、市井にうまく溶け込んでいる。私のような専門家でも、サイコパスのシリアルキラーを完全に見分けることは困難です。隣人でさえ、逮捕されるまで連続殺人犯だったと気づかないケースも多い」

 座間市の事件もまた、同じアパート住人で、白石容疑者の悪魔の素顔に気づく者は一人としていなかった。どこに潜んでいてもおかしくない異常犯罪者。私たちに見分ける術はないのか。そう問いかけると、サファリック氏は「答えはノーだ」と笑った。

「極めて難しいが、不可能ではない。彼らの行動を細かく分析していくと、わずかながら“兆候”が見えてくる」(サファリック氏)

※女性セブン2018年1月4・11日号

あわせて読みたい

「座間9人遺体切断事件」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  10. 10

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。