記事

公立学校はサラリーマン養成所

 子どもたちは教育を受けるうちに、どこかの時点で、自分の職業につながる教育を選択します。

 その選択の時点が、今の日本では、あまりに早い時点になっているのではないでしょうか。それも、選択ではなく、それしかないという形でコースを押し付けられます。どういうコースかというと、サラリーマンになるコースです。

小学校が、まるでサラリーマン養成所のようなものになっているためです。

 このコースには、明示されていないカリキュラムがあり、次のようなことを子どもたちにまず身に着けさせようとします。
・休まない、遅刻しない。
・ノルマを達成する。
・評定をよくするために働く。
・無味乾燥さに耐える。
・命令に服従する。
・褒められたい、叱られたくない一心にさせる。
・仕事を家に持ち帰る。

 いずれもサラリーマン生活で、苦痛の大きい部分です。大人たちが、自分たちが耐えなければならないことを子どものときから耐えさせようとする。「社会に出れば厳しいんだから」が、この人たちの口癖です。

 しかし、休まず遅れず指示に服していることなど、簡単なことです。大人になれば当たり前にできます。子どものときはなかなかできませんが、それはもっと他にやりたいことがあるからできないだけです。その、もっと他にやりたいことが、人間発達の上からは重要な意味を持っています。

 中学生くらいまでの年齢は、もっと人間としての基本的な身体や感覚や情動を作っている時期です。子ども時代はかけがえがありません。

 いまの小学校、中学校は、結局のところサラリーマン養成所になってしまっています。そうではない、もっと人間の発達に即した教育が、切実に必要とされています。

あわせて読みたい

「サラリーマン」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  2. 2

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  3. 3

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  4. 4

    東京五輪中止の噂に組織委真っ青

    WEDGE Infinity

  5. 5

    ヒトの善意で生物が死滅する恐れ

    fujipon

  6. 6

    デジタル化の加速で高齢者に懸念

    船田元

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    大阪都構想 橋下氏が悪目立ちか

    早川忠孝

  10. 10

    岡村隆史の結婚でNHKは一安心?

    渡邉裕二

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。