記事

ビジネスの競争の意味/軸を変えつつあるスマート社会

1/2
FTMのラウンドテーブル(Green Table)

国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)のフューチャー・テクノロジーマネジメント(FTM)の一貫で行われているラウンドテーブル(Green Table)に参加してお話を聞かせていただいた。概要は下記の通り。(今回は、去る11月17日に行われた第一回に引き続く第二回目。)

<第2回FTMラウンドテーブル(Green-Table)のご案内>
第2回FTMラウンドテーブル(Green-Table)「生産性の再定義 ?「もっと、速く、良く」を超えて?」: GLOCOM

・日時:2011年12月6日(火)18:00~20:00
・場所:国際大学GLOCOM ホール
・プログラム

18:00 ~ これまでの議論の整理(10分)
18:10 ~ 話題提供(30分)
     「生産性の再定義 ~「もっと、速く、良く」を超えて~」
      楠正憲(日本マイクロソフト株式会社技術標準部部長/GLOCOM客員研究員)
18:40 ~ ディスカッション(50分)(敬称略)
      川崎裕一 (株式会社kamado代表取締役社長)
      閑歳孝子 (株式会社ユーザーローカル 製品企画・開発担当)
      楠 正憲 (日本マイクロソフト株式会社 技術標準部 部長)
      庄司昌彦 (国際大学GLOCOM 講師・主任研究員)
      西田亮介 (東洋大学経済学部非常勤講師)
      藤代裕之 (NTTレゾナント株式会社 新規ビジネス開発担当)
      藤本真樹 (グリー株式会社 取締役 執行役員CTO開発本部長)
      山田メユミ(株式会社アイスタイル 取締役 兼 @cosme主宰)
19:30 ~ オピニオンメンバー・会場も含めた全体ディスカッション(30分)
20:00   終了


GLOCOMは、未来の技術と社会のための研究と実践を行う産学共同プログラム、「フューチャー・テクノロジーマネジメント(FTM)フォーラム(村上憲郎議長)」を開始しました。多様な人々を幸せにする「スマート社会」の構想と、その実現に必要な技術を取り巻く制度・カルチャー・企業経営を議論します。

ラウンドテーブル(Green Table)の第2回となる今回は、楠正憲氏(日本マイクロソフト株式会社技術標準部部長/GLOCOM客員研究員)に、「生産性の再定義~「もっと、速く、良く」を超えて~」をテーマに話題提供していただきます。

※Green-Tableは、今後5年以内に社会の中心を担う世代の研究者、経営者、技術者、社会活動家をコアメンバーとするラウンドテーブルです。詳細は国際大学グローバル・コミュニケーション・センターをご覧ください。

絶望の国

2011年も押し迫った今世界を見渡してみると、欧州も米国も経済的には瀬戸際に追いつめられていて、いつ世界恐慌の引き金をひいてもおかしくないような状況にある。新興国を代表して世界経済の牽引者になろうとしていた中国も、バブル崩壊の兆候がそこかしこに垣間見える。そんな中、日本では、今年は東日本大震災という歴史的な災害がおき、更にはこれも歴史に刻まれるだろう原発事故が今尚予断をゆるさない。なのに政治的には混乱を極め、戦後の経済成長を支えた自動車産業や電気産業も往時の精彩は全くない。日本の将来の展望は軒並みネガティブで『絶望の国』と揶揄される始末だ。

それは色眼鏡で見ているからでは?

だが、本当にどこにも出口はないのだろうか。確かに戦後日本の型と価値観にこだわれば、システムも文化も企業もあらゆるものが崩壊過程にあり、従来の延長には希望は見えてこない。そういう意味ではまさに『絶望の国』というしかないだろう。だが、目にこびりついた鱗をはがし、先入観を排して真摯にゼロベースですべてを見直してみると、意外にも次世代の希望の萌芽といえる蠕動を微かながらにせよ確実に感じることが最近だんだんと多くなってきた。ビジネスでも、政治でも、社会制度からライフスタイルや思想に至るまで、戦後日本の価値観を取り払ってよく見てみると、意外な要素がつながりを持ち、予想もしなかったような価値が重視され、あらゆるものがただ崩壊しているのではなく、実は急速に組み替えられつつある過程なのではないのかと思えてならないのだ。後ろばかり向いていないで前を見て、批判ばかりしないで良いところを見るように心がけていると、問題があったのは自分がいつの間にかかけていた眼鏡のほうではないのかとしばし真剣に反省してしまう。

何かが起きている

IT/インターネットの進化とそれによって揺さぶりをかけられた社会のちいさなゆらぎが、いつの間にか折り重なるようにして、もう誰も止めることのできない世界全体を変革する巨大な波と化して世界中に押し寄せている。Web2.0のと言われた時代に始まった構造変化が、量的に拡大し、ついに質的な変化に転じて、世界を大きく変えて行く兆しが見えてきている。この2~3年、この兆しに気づいている人と気づけないで脱落し始めている人の分断が起きてきている。だが、もどかしいことにそれがどうしてもはっきりとした言葉にならないでいた。

大変革の兆し

だが、先週も書評を書いた東浩紀氏の新刊(『一般意志2.0 ルソー、フロイト、グーグル 』)を読んだとき、どうやら私の感じていることはこれからそう時をおかずに続々と言語化されていくに違いないとの予感が脳裏に走った。東氏は全体像を既に把握した上で、近代政治のバックボーンともなっている『民主主義』の変化の兆しについて堂々と切り込んできている。これは決して一人民主主義だけの問題ではないはずだ。ビジネスから社会制度からライフスタイル至るまで、あらゆる分野に大変革が及んで行くに違いない。

楽しみだったラウンドテーブル

今回のラウンドテーブルのメインスピーカーである、日本マイクロソフトの楠正憲氏の案内文に、参考文献として東氏の『一般意志2.0』があげられていて、しかも『概要』として次のように書かれている。
かつて計算機は人間のやってきたことを自働化し、もっと多くの情報を素早く確実に処理するために活用されてきました。この数十年でPCとネットが普及し、世界中の人々が繋がる中で、人々の感受性や洞察、創造性を刺激し、社会変革の原動力となりつつあります。ここでは来るスマート社会へ向けて、情報技術の更なる進歩が今後の人々と社会に何を齎すか、共に考え直す材料を提供させていただきます。
これを読んで、この2~3ヶ月自分の思いがうまく言葉にならないもどかしさを感じていた私は、東氏の著書に光明を見た思いをしたこともあって、このラウンドテーブルに非常に期待し、楽しみにしていた。

まだ議論はばらついていた

実際に参加してみた感想を率直に言えば、まだ残念ながらまだディスカッションメンバーの理解にもばらつきもあったせいか、設定されたアジェンダが本来要求していた議論の核に到達する前に終了してしまったとの印象である。だが、メインスピーカーの楠氏はじめ、集まったメンバーの感性はさすがで、この難解な問題に一人一人が何らかの問題意識を感じていることは十分に察することができた。まだランドテーブルは後2回あるようなので、あらためて議題をもう少し絞り込んだ上で、その場に参加したすべてのメンバーにより深い気づきを与えてくれるような深い議論が行われることを期待したい。

以下、私自身がこの議論を通じて感じたことを多少書いておきたい。

マイクロソフト作成のビデオ

楠氏が案内文にあげたもう一つの『ご参考』は、マイクロソフト社で作成されたという次のビデオだ。これを冒頭に会場でも皆でみた上で楠氏のプレゼンテーション、およびそれに引き続く議論が始まった。

Productivity Future Vision video
Productivity Future Vision

ビデオの解説文として下記のような一文がある。
In 5-10 years, how will people get things done at work, at home, and on the go?Watch the concept video to get a glimpse of the future of productivity, then explore the stories and technology in more detail.
(5ー10年の間に、人々は職場で、自宅で、そして外出している時、どのように仕事を片付けるようになるだろう。生産性の未来を理解するためにコンセプトビデオを見て、より詳細の内容とテクノロジーについて探求してみてほしい。)
このビデオで展開される未来の仕事は、今以上にスマートに素早く情報が処理され、いわば、IT機器が『計算機』としての究極の進化を遂げて仕事の能率を上げているという印象だった。時間の中から不能率なものを極力省き、時間が短縮されることをもって『生産性向上』とする、いわば、フォードシステム、あるいはテーラーシステムの洗練された進化形という印象だ。

フォードシステム
フォード・システム - Jinkawiki

テーラーシステム
科学的管理法 - Wikipedia

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    酷暑下の札幌五輪マラソン 市民の冷ややかな声も少なくない

    NEWSポストセブン

    07月27日 09:36

  4. 4

    中国、ロシア製ワクチンと立憲民主と共産党 まあ少し可哀想ではあるけど、ブレインが悪いのとセンスがないというだけ

    中村ゆきつぐ

    07月27日 08:26

  5. 5

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  6. 6

    ファイザー製ワクチン、接種から7カ月で抗体レベル減少 デルタ株への免疫力低下も

    ABEMA TIMES

    07月27日 15:33

  7. 7

    野球は7回、サッカーは60分に!若者のスポーツ観戦離れを「時短化」で食い止めろ

    土屋礼央

    07月27日 08:11

  8. 8

    プロフェッショナルなサービス、人はそれを必要とするか?

    ヒロ

    07月27日 11:31

  9. 9

    米・伊選手団が食堂で「マスクなし大宴会」 五輪選手村スタッフが目撃

    NEWSポストセブン

    07月28日 08:44

  10. 10

    東京の新規感染者数が2848人…「緊急事態宣言って何」の声

    女性自身

    07月27日 21:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。