記事

「BLOGOS AWARD 2017」金賞を受賞いたしました

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

画像を見る

とても嬉しいことに、私のブログもほぼ毎日掲載されている提言型ニュースサイト「BLOGOS」において、もっとも価値ある情報を発信した人が表彰される「BLOGOS AWARD 2017」の金賞をいただくことができました。

受賞コメントでも書かせていただいた通り、今年は所属する組織の中で事実上の言論統制がしかれていた時期があり、本当に苦しく、「365日ブログを更新する」という看板を捨ててしまおうかと何度も何度も思い悩みました。

しかし歯を食いしばって継続していると、このようにブログの内容を検証してくださる第三者まで現れました。

小池新党はSNSを制限したのか?音喜多議員のブログで検証してみた
http://www.politic.tokyo/entry/2017/09/28/190858

毎日更新しているブログを昨年のものと比較衡量し、膨大なデータに基づく分析で「内容が短く平凡になり、言論が制限されているようにも見える」という結論を導き出しています。

どんな形でも情報を出していれば、何らかの形で価値を発揮する時が来る。

それこそが、「情報」の持つ力なのだ。

そう確信した私は、言論統制と世論の厳しい風に板挟みになりながらも、愚直に情報発信を続けてきました。

この年間を通じた営みが目に見える形で評価されたことを心から嬉しく思うとともに、選んでくださった関係者の皆さま、そして何より毎日ブログを読んでくださっている読者の方々に、改めて御礼を申し上げます。

本当にありがとうございました。

アワードの中で「音喜多砲」というネーミングをいただいたように、いまやブログで記載した内容はネット上だけに留まらず、多くのテレビやラジオ・新聞雑誌といった伝統的メディアにも取り上げられ、時に世論や政治に影響を与えるまでになりました。

情報化社会の進展に伴い、「ブログ」の持つ力はますます大きなものになってくると確信しています。

「政治家が何を考えているのか、さっぱり見えない」
「政治家の情報発信が根本的に足りない」

と言われ続けて久しい現状ではありますが、今後ますます政治家による情報発信が活性化し、その中心にはまとまった分量で論考をしっかりと残すことができる「ブログ」があり続けることを願ってやみません。

私自身も決して慢心することなく、驕らず謙虚に情報発信を継続し、皆さまからの厳しいご指導ご鞭撻(BLOGOSコメントは特に厳しい!)をいただきたいと思います。

それでは、また明日。


ここまで書くか!?
誰も語れなかった「不都合な真実」を、
現役議員が赤裸々に明かす。

「東京都の闇を暴く」

Amazonで購入する

リンク先を見る

画像を見る

おときた駿 プロフィール
東京都議会議員(北区選出)/北区出身 34歳
1983年生まれ。早稲田大学政治経済学部を卒業後、LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、現在東京都議会議員2期目。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

リンク先を見る
twitter @otokita
Facebook おときた駿

あわせて読みたい

「ブログ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    池上風? たかまつななは殻破るか

    宇佐美典也

  2. 2

    河野氏 憶測のワクチン報道危惧

    河野太郎

  3. 3

    即入院の石原伸晃氏 特権許すな

    木走正水(きばしりまさみず)

  4. 4

    迫る節電要請 電力自由化は失敗

    PRESIDENT Online

  5. 5

    菅首相のワクチン推奨は逆効果に

    山崎 毅(食の安全と安心)

  6. 6

    「おじさん」は女性にも存在する

    PRESIDENT Online

  7. 7

    台湾の自我 中国と関係薄れたか

    ヒロ

  8. 8

    慰安婦判決 文政権はなぜ弱腰に

    文春オンライン

  9. 9

    ワクチン副反応に「備えできる」

    ABEMA TIMES

  10. 10

    10万円再給付 対象を絞る必要性

    コクバ幸之助

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。