記事
  • K.K.
  • 2011年12月11日 21:28

国家公務員給与の改正法案が、またもや流れたわけですが・・・

この件について、日本経済新聞に、公明党さんのご意見が掲載されていましたので、ちょっと読んでみたわけですがー。
公務員給与下げ困難で政府・民主批判 公明代表 (2011/12/6 20:30:日本経済新聞)
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819481E2E4E2E1958DE2E4E3E0E0E2E3E38297EAE2E2E2
公明党の山口那津男代表は6日の記者会見で、国家公務員の給与を平均7.8%引き下げる特例法案の今国会成立が難しくなったことについて「公務員の人件費が削られず財源的にも寄与できず、国民の望むところではない」と、政府・民主党を批判した。(後略)
あのー。
政府・民主党も、自民党・公明党も、国家公務員の給与を下げることを目指しながら、その詳細で対立した結果、人件費削減法案がボツったわけですので、公明党さんにも、責任の一端があるわけでー。

なんというか、自分のコトを棚に上げているというか、当事者感が薄いというか、まぁ、政治的には、前者なのでしょうが、ちょっと溜息でした。はい。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。