記事

武田鉄矢 「コンビニの成人雑誌は腐ったみかんじゃない」


【コンビニの成人雑誌問題に武田氏が物申す】

 コンビニの片隅にある成人雑誌──。「ミニストップ」がその取り扱いを中止することが話題となるなかで、「ジジイからエロ雑誌を奪わないでください」と声を上げたのは俳優・武田鉄矢(68)だった。

 本誌(週刊ポスト2017年12月15日号)で展開された武田の主張には、「よくぞ言ってくれた」と多くの共感の声が寄せられた。

「まだ“エロの惰性”があって、70を手前にしてもスケベがおさまらないんです」と明かす武田が、改めてこう主張する。

「最近では性に対する糾弾がやたら大きいけれど、性というものは雑味の多い感性で、雑味は一種の旨みでもあります。

 いま世間は不倫に大騒ぎをしますが、不倫がバレた人を笑える男なんて、本当はひとりもいませんよ。みんな一方的に偉そうに糾弾しますが、もともと人間というのは雑味があるもので、それでいいと思うのです。

『痴漢が出るから植え込みを刈って人が隠れる場所をなくしましょう』とか『テロの恐れがあるのでゴミ箱を撤去します』という、何かをなくすという理論は、うまくいかないような気がします。

 その手の、何かを排除することによって何かを守ろうとする理論では、世の中を本当に良くはしないような気がするのです。コンビニのエロ本に対しても女性をはじめ不快感を抱く方がいるのはわかりますが、それを排除することで世の中が清潔になる、という考えはあまり好きではないなぁ、と思うのです」

 ネットで買えばいい、という声に対して自らコンビニで成人雑誌を買うことがあるという武田氏は「あのみじめさが、味わいなんです」と語る。

「甘いものを否定する論理は正義かもしれないけれど、人間が疲れた時に甘いものが欲しくなるのと同じように、消えてゆこうとするもの、隠されているものを見つめたくなる時はあるじゃないですか」

※週刊ポスト2018年1月1・5日号

あわせて読みたい

「成人誌販売中止」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    在日ドイツ人監督が見た「アフター『ザ・コーヴ』」和歌山県太地町のイルカ漁の今

    木下拓海

    04月12日 08:07

  2. 2

    メガソーラーが自然環境を破壊する?

    船田元

    04月12日 15:53

  3. 3

    「リモートワークはサボっているのと一緒」「会食を中止しない経営者」コロナで退職を決意した人々

    キャリコネニュース

    04月12日 09:16

  4. 4

    <NHK『クローズアップ現代』TBS『あさチャン!』終了>全ての報道情報番組は権力の外に立て

    メディアゴン

    04月12日 08:39

  5. 5

    コロナ禍で「貧困」「困窮」「生活苦」のテレビ報道が急増!だが生活保護は…?

    水島宏明

    04月11日 15:34

  6. 6

    コロナ禍で難しくなった株式投資

    ヒロ

    04月12日 11:13

  7. 7

    「これさえあれば何も怖くない」新たなスタートを切った加藤浩次、現在の心境を語る

    ABEMA TIMES

    04月12日 08:45

  8. 8

    歴史問題持ち出し言いたい放題の中国 反論できない日本政府

    NEWSポストセブン

    04月12日 09:36

  9. 9

    山下達郎が初めて語った戦友・村上“ポンタ”秀一

    文春オンライン

    04月11日 14:51

  10. 10

    物流倉庫の過酷な労働環境 Amazonの利用者が気にしない従業員の待遇

    非国民通信

    04月12日 18:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。