記事

武田鉄矢 「コンビニの成人雑誌は腐ったみかんじゃない」


【コンビニの成人雑誌問題に武田氏が物申す】

 コンビニの片隅にある成人雑誌──。「ミニストップ」がその取り扱いを中止することが話題となるなかで、「ジジイからエロ雑誌を奪わないでください」と声を上げたのは俳優・武田鉄矢(68)だった。

 本誌(週刊ポスト2017年12月15日号)で展開された武田の主張には、「よくぞ言ってくれた」と多くの共感の声が寄せられた。

「まだ“エロの惰性”があって、70を手前にしてもスケベがおさまらないんです」と明かす武田が、改めてこう主張する。

「最近では性に対する糾弾がやたら大きいけれど、性というものは雑味の多い感性で、雑味は一種の旨みでもあります。

 いま世間は不倫に大騒ぎをしますが、不倫がバレた人を笑える男なんて、本当はひとりもいませんよ。みんな一方的に偉そうに糾弾しますが、もともと人間というのは雑味があるもので、それでいいと思うのです。

『痴漢が出るから植え込みを刈って人が隠れる場所をなくしましょう』とか『テロの恐れがあるのでゴミ箱を撤去します』という、何かをなくすという理論は、うまくいかないような気がします。

 その手の、何かを排除することによって何かを守ろうとする理論では、世の中を本当に良くはしないような気がするのです。コンビニのエロ本に対しても女性をはじめ不快感を抱く方がいるのはわかりますが、それを排除することで世の中が清潔になる、という考えはあまり好きではないなぁ、と思うのです」

 ネットで買えばいい、という声に対して自らコンビニで成人雑誌を買うことがあるという武田氏は「あのみじめさが、味わいなんです」と語る。

「甘いものを否定する論理は正義かもしれないけれど、人間が疲れた時に甘いものが欲しくなるのと同じように、消えてゆこうとするもの、隠されているものを見つめたくなる時はあるじゃないですか」

※週刊ポスト2018年1月1・5日号

あわせて読みたい

「成人誌販売中止」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    布マスク費用への批判は大間違い

    青山まさゆき

  2. 2

    タバコで新型コロナ重篤化の恐れ

    BLOGOS編集部

  3. 3

    反権力は正義か マスコミに疑問

    BLOGOS編集部

  4. 4

    日本の補償は本当に「渋チン」か

    城繁幸

  5. 5

    現金給付案に自民議員からも批判

    山田賢司

  6. 6

    辻元氏「ピント外れの補正予算」

    辻元清美

  7. 7

    高学歴女性がグラビア進出する訳

    NEWSポストセブン

  8. 8

    安倍嫌いでも協力を 医師が訴え

    中村ゆきつぐ

  9. 9

    米 議員にZoomの使用禁止通達か

    ロイター

  10. 10

    政治を動かした医学専門家の責任

    篠田 英朗

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。