記事

英史上最大の空母、就役直後に浸水発覚で修理へ

[ロンドン 19日 ロイター] - 英国防省は19日、エリザベス女王が出席する式典を経て2週間前に就役したばかりの英史上最大の空母「クイーン・エリザベス」で浸水が見つかり、修理の必要が生じたと明らかにした。

「クイーン・エリザベス」は、建造費31億ポンド(約4688億円)を投じて完成した全長280メートル、排水量6万5000トンの最新鋭空母。試験航海中スクリューのシャフトからの浸水が発見された。

海軍の広報担当者は「ポーツマス(軍港)入港中に修理を行う予定。航海の再開は可能であり、試験航海プログラムに影響はない」と述べた。

英紙サンによると、浸水量は毎時200リットルで、修理には数百万ポンドを要するとみられている。同紙は、修理費用は建造を受け持った企業連合に負担が求められるだろうと伝えた。

あわせて読みたい

「イギリス」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  2. 2

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  3. 3

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    蓮舫氏 交通・経済回す政策示す

    立憲民主党

  9. 9

    すすきの感染 酒飲みにうんざり

    猪野 亨

  10. 10

    ロンブー淳 TVに抱く気持ち悪さ

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。