記事

生活保護の母子加算削減をやめて、ひとり親家庭にやさしい社会にしよう

2/2

母子加算とは何か

母子加算というのは、ひとり親世帯(父子含む)に対して、ひとり親で子育てをするにあたっての「特別な需要」に対応するために、通常の生活費にプラスして上乗せしている金額です。

現在の基準だと都心で子どもが一人の場合、約2万円ほどの金額になります。

この「特別な需要」については、2016年10月7日の生活保護基準部会での資料においては、「貧困の連鎖の防止、子どもの教育機会を確保」と書かれています。

一方、1983年12月23日中央社会福祉審議会「生活扶助基準及び加算のあり方について(意見具申)」によれば、母子加算における「特別な需要」は、「片親不在という社会的・心理的障害」と書かれています。

この二つは大きな違いがあります。

1983年の議論では、要するに「ワンオペで子育てすることの大変さ」についての加算である、というものが、2016年時点での議論では、「子どもの貧困対策」に変わったということです。

これが、今回の母子加算の削減に影響しています。

母子加算が削減される理由

今回、母子加算の計算方法については、「ひとり親のかかり増し費用」というものから導き出しています。

これはすごく複雑な計算をしていますが、全国消費実態調査のデータをもとに、3人(夫婦と子一人)世帯と2人(ひとり親と子一人)世帯の消費実態を比べ(ただし前者については2人世帯分に換算)、同程度の生活水準を維持するために生じる差額(つまり現実の2人世帯で余分にかかる消費額)を推計しているようです。

そして、これにより2割カットという上記の報道での数字になっています。

ここで重要なのは、消費実態をもとに導き出しているということです。(ここでの計算方法についてはいろいろ思うことがあるのですが非常に難解なのでここでは触れません)

そもそもが、1983年時点の議論のような「片親不在という社会的・心理的障害」を消費実態から導き出すのはナンセンスですし、2016年時点の議論の「子どもの貧困対策」への手当てという考え方であっても、この方法での母子加算の算出が妥当なのかどうかはわかりません。

もちろん、「母子加算」の理論的根拠を何に求めるのか、ということにつながっていくのですが。

そして、厚生労働省が、12月8日の時点でこのような複雑な試算を出し、記者レクで新しい母子加算は1.7万円と説明した(らしい)意図はよくわかりません。

このような限られたデータや多くの推計上の仮定に基づく試算値、そして、短時間の議論によって減額を決定するのであれば、それは大きな問題であるといえるでしょう。

母子加算を削減することの意味

今回の計算方法では母子加算は削減されます。5年前の引き下げに続き、ひとり親世帯の生活保護基準の引き下げ幅は母子加算も含めて大きくなることが予想されます。

基準の引き下げや加算の削減は、家計の削減です。各家庭の生活水準が、基準が引き下げられた分だけ低下します。

はたして、こんなことを繰り返していいのでしょうか。

僕が声を大にして言いたいのは、今の日本社会はひとり親家庭に対して厳しすぎやしないか、ということです。

貧困率は50%をこえ、生活保護も減額される。ただでさえ、子育てしながら頑張っているのに、社会がそれを支えようとしないのはおかしいと思います。

12月15日に生活扶助基準引き下げの全体の話を書いた時に、実際に生活保護を利用している母子家庭のお母さん何人かからメッセージが届きました。

「今でも十分ギリギリの生活なのに、これ以上下がると思うと頭が痛い。不安で押しつぶされそう」

「削れるところは何かなと考えてしまう。でも、子どもには我慢させたくない」

彼女たちの声を聞き、不安を感じなくてすむ社会にするのが政治の役割なのではないでしょうか。

政府は生活保護の母子加算削減を今すぐやめてほしい。

引き下げることではなく、ひとり親家庭にやさしい社会にするために、国会で闊達な議論がおこなわれることを願っています。

※Yahoo!ニュースからの転載

あわせて読みたい

「母子加算」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    都知事がアラビア語拒否した顛末

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

  2. 2

    報ステの富川アナが嫌われるワケ

    渡邉裕二

  3. 3

    倉持由香 誹謗中傷で弁護士依頼

    倉持由香

  4. 4

    米の「韓国切り」で文政権ピンチ

    PRESIDENT Online

  5. 5

    コロナで航空優待券が驚きの価格

    PRESIDENT Online

  6. 6

    米スーパーで合法的万引き状態か

    後藤文俊

  7. 7

    コロナ感染と減収 苦難抱えるCA

    小林ゆうこ

  8. 8

    小池知事 カギは卒業証書の現物

    郷原信郎

  9. 9

    コロナで露呈 日本の構造的問題

    ヒロ

  10. 10

    リアリティ番組 海外相次ぎ自殺

    田近昌也

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。