記事

トヨタのEV戦略のキーパーソンは?

トヨタは、いよいよEV開発に本格的に乗り出します。その推進役を担うのが、トヨタ副社長の寺師茂樹さんです。

昨日、トヨタは、2030年に電動車両を単体で550万台以上販売を目指し、25年ごろまでに全車種に電動車を設けると発表しました。エンジン車のみの車種はなくなるということですね。内訳は、EVとFCVを合わせて100万台、PHVとHVを合わせて450万台です。

画像を見る
※トヨタ副社長の寺師茂樹さん

ここのところ、トヨタはEV開発の動きを本格化させています。9月には、マツダ、デンソーと電気自動車の共同開発を目指し「EV C. A. スピリット」を設立。先だってはパナソニックとEV用角形電池事業の提携開始を発表しました。背景には、先日も書いた通り、世界の急速なEVシフトがあるんですね。

いま、世界の大手自動車メーカーは、中長期的なEV戦略を次々と発表しています。たとえば、米GMは、23年までに少なくとも20車種のEVまたはFCVを投入する方針です。独VWは、25年までに80車種、30年までに全300車種以上でEVまたはPHVを投入予定です。ルノー日産アライアンスは、すでに50万台のEV販売実績をもちますが、22年に販売予定の1400万台の約3割を、EVやHVなど電動車にする計画です。

これまでEVにあまり積極的ではなかったトヨタも、ここにきて、中長期的なEV戦略を公表したというわけですよね。

先だっても書いた通り、車の電動化のコア技術は、モーター、バッテリー、PCU(パワーコントロールユニット)といわれます。このうち、トヨタにはモーターやPCUに関しては、HV(ハイブリッド車)で培ってきた技術的蓄積がある。一方、HV技術の延長線上にない電池をどうするかは、課題だったんですよね。

昨日、説明に立ったのは、前出の寺師さんです。この人が、トヨタのEVなど電動化の旗振り役なんですね。彼は、パナソニックとの提携について、次のように発言しました。
「電動化は電池がカギになります。先日のパナソニック様との協業発表で、われわれに唯一欠けていた電池という大きなカギ、ピースが揃ったというふうに考えています」
乗用車用車載電池で世界シェア1位のパナソニックとの提携によって、EVにアクセルを踏む準備が整ったわけです。

寺師さんは、トヨタのEV開発のキーパーソンなんですね。前出の「EV C. A. スピリット」の代表取締役を務めています。

1年ほど前、寺師さんにインタビューした際、「とにかく、EVを早くつくらなくてはいけない」と話していたのが印象的でした。「EVの開発は、私がやりたいくらいだ」といっていましたね。念願かなってというべきか、EV開発の陣頭に立つわけです。ここからも、トヨタの本気度がわかりますね。

寺師さんは、2010年にトヨタがテスラと提携し、北米で「RAV4 EV」の開発を行っていたとき、現地で、プロジェクトに携わっていました。テスラの技術者たちのモチベーションの高さや、意思決定の速さ、実行力などを肌で感じ、後れを取ってはならないという危機感を、強くもっているんですね。

さて、トヨタは、電動車の販売550万台を目指すにあたり、電池だけで、研究開発、設備投資を含めて1兆5000億円規模の投資が必要になるといいます。うち半分以上は、生産にかかわる投資だといいます。電池は装置産業ですから、大量生産するとなれば、設備費は膨れ上がりますからね。

車載用電池といっても、HVとEVの電池は異なります。例えば、「プリウス」に搭載されている電池の容量は0.75kWhなのに対し、日産のEV「リーフ」の電池は40kWh。テスラ「モデルS」の上級グレードに至っては、100kWhの電池を搭載しています。トヨタは、現状、電動車を年間約150万台販売していますが、これを550万台にし、しかもEVを投入するとなれば、これまでの何十倍、何百倍もの電池か必要になるんですよね。これは、大変なことです。

世界的にEVシフトの潮流は強まっていますが、いつまでに、どれくらい普及するかという予想は、さまざまな数字があり、はっきりわかりません。ただ一つ確かなのは、EVの普及は、電池の性能やコストに大きく左右される。すなわち、電池次第だということです。

トヨタは2020年代の前半に、全固体電池を開発するとしています。実現するならば、それが、EV普及に向けたブレイクスルーになる可能性もあるでしょう。

寺師さんは昨日、「なぜいま、EVの開発に積極的になったのか」という記者の質問に答えて、次のようにコメントしました。
「これまで、EVには遅れていない、技術はあるといい続けてきましたが、電池の課題を乗り越えるストーリーが立たなかった。電池はいくらでもつくれる、どんどん安くなるという前提のビジネスモデルは、トヨタでは考えられない。自分たちでHVの電池をつくってきたし、大きな電池のストーリーが構築できたところで、いつごろからわれわれの考えるEVが出せるのか、メッセージをきちんと出していこうということです。『それでもまだ、EVは出てないじゃないか』というご指摘は、甘んじて受けましょう、ということになります」

確かに、トヨタはまだEVを発売していません。商品化の面では、他社に後れをとっているのは事実です。

しかし、EVはいま、普及期の直前にあります。その意味で、大きく見れば、まだ、各メーカーはほぼ横一線といっていい状況です。開発競争は、これからが本番ですね。

あわせて読みたい

「トヨタ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    張本勲氏のサンデーモーニング卒業「喝!」を入れ続けたハリーにあっぱれ!

    中川 淳一郎

    12月06日 10:40

  2. 2

    「もうやめました」パチンコ店に突撃した自粛警察が語る現在の心境

    石戸 諭

    12月06日 12:15

  3. 3

    今年の目玉はマツケンサンバ!? NHK紅白歌合戦に漂う「終焉」の空気

    渡邉裕二

    12月07日 09:02

  4. 4

    「コールでも回し飲みでもない」保健所が見落としていた歌舞伎町の"本当の感染経路"

    PRESIDENT Online

    12月06日 15:53

  5. 5

    新型コロナ下の報道と衆議院選の結果から見えた日本のマスコミの限界 - 佐藤敏信

    先見創意の会

    12月07日 09:23

  6. 6

    ふるさと納税を毎年続けるのは「罪深い」行為?

    内藤忍

    12月06日 13:01

  7. 7

    「オミクロン株」を語るのは時期尚早 医者の矛盾した発言に違和感

    自由人

    12月06日 09:32

  8. 8

    『テレビ千鳥』料理企画に仕掛けた“美味しさで包んだ悪意”

    いいんちょ

    12月06日 10:02

  9. 9

    「街の書店が消えてゆく」…書店をめぐる状況は今、とても深刻だ

    篠田博之

    12月06日 09:54

  10. 10

    久しぶりに『週刊さんまとマツコ』をみて驚いたワケ。

    メディアゴン

    12月07日 11:44

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。